クリエイサーくんグッズ第二弾完成!

Creators Nightの準レギュラー TOUMAさんがデザインした、Creators Nightオリジナルキャラクター「クリエイサーくん」。

実は第一弾グッズは”シール”だったのですが、

第二弾は、平面のキャラクターを立体にしてみました!

ジャーン!

スズ合金製の根付けにしてみました。

根付けとは?

実はボクもよく知らなかったのですが、和装の世界のおしゃれアイテムで、ポケットの無い時代、タバコ入れやら印籠やら、矢立(今では使わない物ばかりですねw。ちなみに矢立とは筆と墨汁をセットにしまえるケースで今で言う筆箱でしょうか)そういった物をぶら下げる物だったみたいです。

着物を着た昔ながらの根付け使用の写真

もちろん、洋服が主流になった現在、根付けで小物を引っかけて持ち歩く事は無くなったのですが、骨董としての根付が高い評価を得ているのもありますが、現代根付と呼ばれる、美術品としての根付が多くの作家さんに製作されています。

クリエイサーくん根付け3種類

さて、クリエイサーくん根付けですが、初回生産40個、根付けの紐の色で3種類。黒20個、赤10個、紫10個です。

クリエイサーくん根付け赤

寄ってみるとこんな感じ。

クリエイサーくん根付け正面

正面から見るとこんな感じ。

ちゃんと立体になってる!

もちろん、目もありますよ。

この、クリエイサーくん根付けを、それぞれ1個2千円で、Creators Night Premiumのイベント会場で販売いたします。

当日実物を見ていただいて、ぜひお買い求めいだだいてほしいな。

持ってみると、スズ合金特有のずっしりとした重みを感じ、かなりの重厚感。
そして、頭がちょっと動くカワイらしさと細工の細かさ

2千円の価値は十分あります。というか、原型代入れると赤字です。アハハ

でも、元とるとかじゃなくて、たくさんの人に愛されて欲しいじゃ無いですか。やっぱり

キーホルダーやカバンにつけてクリエイサーくんとずっと一緒にいてもらいたいです。

数には限りがありますので、お求めはお早めに!

沖縄にトップクリエイター9人が集結!Creators Night Premium ーCG ARTS Partners Sessionsー 開催!

10月15日土曜日に開催するCreators Night Premium ーCG ARTS Partners Sessionsーの特設サイトを公開しました!

Creators Night Premium ーCG ARTS Partners Sessionsー 特設サイト

また、今回のイベントのリーフレットのPDFも公開しています。

ぜひこちらもごらんください!

座席には限りがあります。お申し込みはお早めに!

Creators Night 石垣島上陸!

6月19日 Creators Nightは、いよいよ沖縄本島を離れ、石垣島に上陸しました!

今回もワークショップ形式で、DOKUTOKU460の城間さんのデザインしたBUDOGのペーパークラフトにペイントを施してオリジナルキャラクターを作ろうという内容です。そして、作ったキャラクターとTOUMAさんがクレイで作ったキャラクターと戦うコマドリアニメーションをみんなで作って見よう!と言う内容です。

初めての石垣島開催。ワクワクしますよね。

みんなで、飛行機移動も初めてです!
ピンク色のジンベイ号で石垣島にGo!

真剣な参加者のみなさんと、そして真剣にオリジナルキャラクターを粘土で作るTOUMAさんと、コマ撮りのためにカメラの設定を行う水崎さんです。

城間さん、ご自分のキャラクターがどんな変化を遂げた気になるようで、全部撮影してました。
きっと、これでまた刺激を受けて新しいキャラクターが生まれるんだと思います。

みんなで、作ったキャラクターを動かしました。

こんな感じで出来ました!
みんな個性的なペイントがされてますね。カッコいいです。

今回初めての石垣島開催と言うことで、どうなることかと思いましたが、楽しかったし、いいワークショップができたんじゃないかと思います。

また、頑張って島に行きたいですね。宮古島とかもいいですよね。
この様に、低学年向けのワークショップも開催しておりますので、呼んでいただける自治体や、学校などあれば、ぜひご検討くださいますようお願いします。
ご連絡お待ちしておりまーすm(_ _)m

NC21 兎本幸子イラストレーションワークショップ開催しました!

6月18日 ウサギ王の兎本幸子さんをお招きして、Creators Nightで初めてのワークショップを開催しました!

内容はずばり、イラスト描き方について!

兎本幸子さんがイラストを描く上で気をつけている事や、鉛筆の使い方、スケッチのしかたや、人の描き方などかなり実践的な内容で、ワークショップをしていただきました。

今回提供したテキストには、要所要所でドリル的に実際に描き込むページや、島豆腐や、レンガをスケッチしたり、思い思いに人物を想像してそのイラストを描いてみたり。そして最後はみんなでイラストを見せ合うところまで行いました。

会場では、それぞれグループに分かれて課題をしてもらいました。

おや?誰か見たことある人もいますよ!
そうです!Creators Nightではおなじみの、神風動画の水崎さんと、TOUMARTのTOUMAさんもワークショップに参加してます。

お二人とも学生時代を思い出して真剣です!

みんなの絵を張り出して、兎本幸子さんにコメントをいただきました。

そして最後は、おなじみぱいかじで懇親会。
手前には、DOKUTOKU460の城間さん、そして今回はセミナーには登場しませんでしたが、ウサギ王の代表うもとゆーじさんも、一緒に来ていたお子様たちと懇親会に合流!
楽しい飲み会でした!

Creators Night 石垣島でオリジナルキャラクター&アニメーション講座 開催

Creators Nightが石垣島に上陸!
DOKUTOKU460のオリジナルキャラクターBUDOG(ブドッグ)のペーパークラフトをベースに自分で絵を描いて、自分だけのオリジナルBUDOGを作って、コマ撮りアニメーションにチャレンジしてみよう!

やったことない?大丈夫!

今回、講師に、BUDOGの生みの親DOKUTOKU 460の城間さん、そして世界で活躍するキャラクターデザイナーのTOUMAさんのお二人がオリジナルBUDOG作りを指導。

そして、コマ撮りアニメーションは、ジョジョの奇妙な冒険のオープニングや、EXILEのPVなどで有名なアニメーションスタジオ 神風動画の水崎さんが指導しますので、問題なし!

国内のトップクリエイター3名が石垣島に集結して特別ワークショップを開催します。

参加費無料。受講生は先着10名限定です。
貴重な石垣島でのセミナーぜひご参加ください!

日時:2016年6月19日 15時〜18時(14時30分受付開始)
場所:石垣市民会館 展示室
受講料:無料(ただし、事前登録が必要です。)

また、デザイン用の鉛筆、色鉛筆、マーカーやハサミ、ノリなどは持参していただきますようお願いいたします。

前売りのお申し込みはこちら

CN21 兎本幸子イラストレーションワークショップ

このセミナーは、参加者が定員に達したためお申し込みは締め切らせていただきました。

えんぴつ一本紙一枚から、ダレでもはじめることができるのがおえかき。

そこから一歩進んでイラストにチャレンジしてみませんか。

現役のイラストレーターで、世界各国でイラストの描き方の本を出版している兎本幸子さんをお招きして、イラストのワークショップを開催いたします。

イラストを描くための基本的なえんぴつの使い方スケッチの方法から、人の描き方までみっちり4 時間イラストを描く技術を学ぶことができます。

かわいいイラストを手本にあなたもイラストはじめませんか。

CN21 登壇者 イラストレーター 兎本幸子氏近影【登壇者紹介】 兎本 幸子(うもと さちこ)
多摩美術大学油絵科卒業。イラストレーターとして活動するほか、ウサギ王株式会社のアニメーターとして映像作品も手がける。著書に『イラストの学校 かわいい動物と。』『イラストの学校 たのしい人々と。』『イラストの学校 植物といきもの。』『イラストの学校 魔法の色えらび。』(ビー・エヌ・エヌ新社 )がある。日本語を含め、11 カ国語に翻訳され世界中で、描くことの楽しさをつたえている。犬とハワイをこよなく愛している。最近は子供の影響で戦隊ヒーローにも興味津々。双子の母。ウサギ王ホームページ

【ワークショップ概要】
タイトル:Creators Night vol.21 兎本幸子イラストレーションワークショップ
開催日:2016年6月18日土曜日
時間:15時00分〜19時40分(14時30分受付開始)
セミナー受講料:当日:1,500円、前売り1,000円
えんぴつ、消しゴム、教材などは受講料に含みます

会場:沖縄県立博物館美術館 博物館講座室

【定員について】
今回ワークショップということで、参加者全員に講師から指導、作品へのコメントを行うために定員を70名、一般受付20名とさせていただきます。参加希望の方はお早めに前売りのお求めをしていただきますようお願いいたします。

【ワークショップについて】
ワークショップとは、体験型講座を意味します。今回のワークショップでは、講師によるイラストについて説明の後、配布したえんぴつと紙を用いてイラストの練習をしていただきます。教材は、兎本氏が出版しているイラストの教本から抜粋&追加された物を使用し、手本を見ながら描いて、徐々にオリジナルのイラストにチャレンジしていただきます。
時間は、4時間(途中休憩有り)。イラストを描く前のえんぴつの持ち方や、スケッチのしかたを学んだ後、人の描き方について学んでいきます。

【懇親会について】
ワークショップ終了後、講師の方も含めて懇親会を行います。会場近くの居酒屋にて、飲み放題4000円程度の会費を予定しています。
また、6月16日に参加人数を確定するため、6月16日18時に受け付けを終了いたします。また、定員も一般10名とさせていただきますので、参加希望の方は、ぜひお早めにお申し込みください。なお、懇親会のみのお申し込みは承れませんのでご了承ください。

CN20「サイバーコネクトツー松山洋のゲーム業界の裏側2016」を開催しました

2016年2月16日に沖縄県立博物館美術館でCreators Night vol.20 「サイバーコネクトツー松山洋のゲーム業界の裏側2016」を開催しました。

まずは、セミナーの前に浦添にあるインターナショナルデザインアカデミーのマンガコースを訪問して、松山さんの講演と作品講評会を行いました。
なんと、講評は、松山さんだけでなく、キャラクターデザイナーのTOUMAさんと、神風動画の水崎さんの3名にそれぞれ、コメントをいただくことができました。
やっぱり、普段自分自身で描いて見るのとは違い、それぞれ見る場所が違うので、コメントも三者三様でしたが、いろんな意見を聞いておくのは、創作活動を行う上で勉強になることだと思います。中には厳しい意見もありましたが、これを糧に頑張ってもらいたいというエールという風に解釈して頑張ってもらいたいです。

IDAにて生徒さんのイラスト講評会

県立博物館美術館のセミナールームでは、サイバーコネクトツー関連グッズの販売会を行いました。どの商品も沖縄では直接見ることのできない物ばかりで、来場者の皆さんには、サンプルを見て確かめながら購入することができました。おかげで商品もほぼ完売でした。

会場では、貴重なサイバーコネクトツー関連書籍の販売を行いました

セミナーは、松山さんのゲーム開発に至るまでのお話しから始まり、ゲーム業界の現状と解説などなど、20年間ゲーム業界を生き抜いてきたサイバーコネクトツーの代表ならではの知識を惜しげもなく披露してもらいました。

会場は、多くの方にご来場いただきました

じゃんけん大会では、貴重な.hackの設定資料集豪華装丁版などが賞品としてでていてじゃんけんも白熱しました!

そして、セミナーの後は、おなじみ懇親会に!
今回も毎度おなじみ「ぱいかじ 上之屋店」で、30名あまりで行いました。今回は、なんと、CGCGの山添さんのご厚意でPS4とモニターを持ち込んで、発売されたばかりの「ナルティメットストーム4」をお店でプレーしてみんなゴキゲンでした。なんか友達のお家に遊びに行ったみたいだよねw

セミナー後の打ち上げでは大盛り上がり

おまけに、お店に来ていた、桑田真澄のそっくりさん桑田ます似さんが乱入してさらにみんな大盛り上がり、桑田真澄クイズなどマニアックなクイズにも答える参加者もいてスゴかったです。

なんと、桑田真澄さんのそっくりさんまで登場して打ち上げはさらにヒートアップ!

そして最後はみんなで記念撮影
参加された皆さんお疲れ様でした。

最後は、みんなで記念写真

CN20 セミナー会場にて、サイバーコネクトツー関連書籍販売!

今回のセミナーでは、サイバーコネクトツー関連商品の販売をおこないます。

特にオススメなのが、ゲームクリエイター育成bookとCCチュウアニメーションメイキングBOOKです。ゲームクリエイター育成bookは、ゲーム制作に携わる職種をターゲットにして以下にしてその職種でゲーム会社に就職出来るかをアドバイス。ゲーム業界に就職したい人は絶対一度読んでおくことをオススメします。(各イメージをクリックするとサイバーコネクトツーオフィシャルグッズ情報サイトの商品紹介を表示します。)

サイバーコネクトツー式 ゲームクリエイター育成BOOK Vol.1

Vol.1は、ゲームデザイナー(プランナー)、アーティスト(デザイナー)、プログラマーの3つの業種に必要なスキルを中心に採り上げています。

サイバーコネクトツー式 ゲームクリエイター育成BOOK Vol.2

Vol.2は、ゲームデザイナー(プランナー)、アーティスト(デザイナー)、プログラマーの3つの業種で採用される攻略法を中心に書かれています。Vol.1と合わせて読んでおきたいですね。

CCチュウアニメーション メイキングBOOK

CC2手帳 2016

なにげにオススメなのがこの「CC2手帳 2016」A5サイズで左が週間スケジュール、右は方眼のフリースペースになってて、打ち合わせ等で大活躍しそうな手帳です。スケジュールのページには、「アクセルフレーズ」とよばれるCC2松山氏の気持ちを奮い立たせる言葉が書いてあり、これがなかなか励みになります。巻末には業界用語集も掲載されていて。打ち合わせで出た知らない言葉も、会議室出た後すぐに調べることが出来ますよw

これまでずっとA6サイズの手帳でしたが、今年はこのCC2手帳の2冊持ちでお仕事しようと思ってます。

熱狂する現場の作り方

クリエイティブなお仕事している人だけでなく、全ての業界を目指している人にお勧めしたい。

とにかく、これ読んで胸が熱くならない奴は、どの仕事も向いてないね。

どんな仕事でも、クリエイティブな面はあるし、最初は何も出来ない、そんな自分をくやしいと思い、鼓舞して、自分自身を成長させていく時期があるけど、そんな時に読むと、かならず勇気づけてくれるし、昔そうだった人が読んでも、昔の自分を思い出して、また熱く自分を成長させたいと思う。
そんな本です。

オモシロくてすぐ読めるし、とにかくオススメ

【サイバーコネクトツー制作ゲームタイトル設定資料】

その他にも、サイバーコネクトツー制作ゲームタイトル設定資料も販売します。こちらはさらにCN20特別価格でご提供。ただし、どれも2冊程度しかありませんので、欲しい方はあらかじめご連絡いただければお取り置きしておきます。

ドットハック ギルティドラゴン ビジュアルワークス #1
通常販売価格 1,500円 → CN20特別価格 1,300円

ドットハック ギルティドラゴン ビジュアルワークス #2
通常販売価格 1,500円 → CN20特別価格 1,300円

ドットハック ギルティドラゴン ビジュアルワークス #3
通常販売価格 1,500円 → CN20特別価格 1,300円

ドットハック ギルティドラゴン ビジュアルワークス #4
通常販売価格 1,500円 → CN20特別価格 1,300円

「.hack//G.U. TRILOGY」完全設定資料集 .hack//Archives_01 LIGHT EDITION
通常販売価格 3,086円 -> CN20特別価格 3,000円

「.hack//G.U.」完全設定資料集 .hack//Archives_02 WHITE LIGHT EDITION
通常販売価格 3,291円 → CN20特別価格 3,000円

「.hack//G.U.」完全設定資料集 .hack//Archives_02 BLACK LIGHT EDITION
通常販売価格 3,291円 → CN20特別価格 3,000円

.hack// 完全設定資料集 .hack//Archives_03 LIGHT EDITION
通常販売価格 3,291円 → CN20特別価格 3,000円

.hack//Link完全設定資料集 .hack//Archives_04
通常販売価格 3,703円 → CN20特別価格 3,500円

「ドットハック セカイの向こうに +Versus」完全設定資料集
通常販売価格 3,600円 → CN20特別価格 3,500円

とくに、.hackシリーズの書籍は、amazonでは新品は置いてませんし、CC2オンラインストアにも販売されておらず会場限定販売です。欲しい方はぜひこの機会にご購入ください。

CN19 森田修平セミナー 開催しました。

2015年10月16日に沖縄県立博物館美術館でCreators Night vol.19 「森田修平セミナー」を開催しました。


CN19の前に、ITカレッジ沖縄にて講演

今回は、まずはITカレッジ沖縄にて、生徒さんの前で、講演を行いました。


セミナーの前にビーチでBBQスタミナチャージしました!

午後は宜野湾のトロピカルビーチに移動してビーチパーティ。セミナー前にスタミナ補充したあとのお二人です。


CN19 セミナーの様子

ごめんなさい。今回のセミナー。いろいろあって、プレゼン画面も内容も作品名も全く出せませんけど
かなり中身が濃かったです。
こだわりのシーンの出来るまで、その裏話。
森田さんが書かれた、絵コンテも回し読みですけど自由に見てもらえました。

今回開場で参加された方からご質問をいただきましたが、特に質問で覚えているのが「背景描くのが苦手」と言うご質問

森田さんは、背景とは身の回りにあるものだから。頭で考えないで、周りを参考にして
水崎さんは、扉ひとつでも意味を考えてよく見て描いてほしい

二人の回答に共通するのは、常に身の回りの物をよく見ると言うこと
なにげに、このお話し以前講演されたTOUMAさんも似たようなことを、おっしゃっていましたね。「周りをよく観察すれば創作のヒントはたくさんある」

これらは、講師の皆さんと一緒にいると、ホント感じます。
沖縄に来ると登壇者の方は、ホントにいろんな物をみています。

車で移動中も、家の形や色、お店の看板、シーサーの形等々
きっと、沖縄の旅もそのうち作品の参考にされるんだと思います。


CN19 懇親会に参加された学生さんは自分の作品を添削してもらいました

懇親会にもIDAの生徒さんを中心に参加されました。
皆さん自身の作品を、森田さんにみていただき、コメントしていただいていました。学生のうちにプロの方に見てもらうのは貴重な機会だと思いますので、ぜひこの機会逃さず、また今後の勉強に繋げて欲しいと思います。

次回も、懇親会行いますので、学生の皆さんもぜひご参加ください!

CN18 バスキュール原ノブオ「インタラクティブにしちゃうぞ♡」開催しました

9月11日18時から宜野湾市のGWAVE CAFEにて、19回目のCreators Night バスキュール原ノブオ「インタラクティブにしちゃうぞ♡」を開催しました。

今回も、一部 Ustreamよる配信を行いました。写真の二つのスクリーンは、手前がUstream配信と同じ画面で、TriCaster miniをつかって、原さんのMacから出力された画面にプレゼン用にテロップを合成した映像を出力、奥のスクリーンは、Ustreamではちょっと配信出来ない映像を映し出しています。


CN18 セミナー準備の風景

セミナーの冒頭は、まず原ノブオさんの大好きな絵本「かいじゅうみんなでつくりませんか」の紹介で始まりました。

絵本はまず、少年が自宅にある箱を集めて自作のかいじゅうを作り始めることから始まります。家中の箱を集めて作った怪獣はやがて家族のみんなも加わりドンドン大きくなっていきます。それを見た近所のおじさんやおねぇさんも自分たちの持ち物を持ち寄り怪獣づくりを手伝います。

次第に、少年の怪獣は少年の最初の思いとはちょっと違うけど、町中の人々を巻き込んで怪獣づくりを続けていきます。そして最後に「かいじゅうみんなでつくりませんか」で締めくくります。

これが、原さんの仕事だと、原さんはおっしゃって、セミナーはスタートしました。

セミナーは、原さんの仕事の紹介からスタート

前回採り上げたAXEの「HOT ANGLE」の紹介、そして、パナソニックの「NEYMAR JR. CRAZY SKILLS」の開発秘話などをお話しになりました。この二つのコンテンツでインタラクティブとは何かを紹介。コンテンツを見た視聴者の自然な反応をどうコンテンツに反応させるか、そしてそれがどのような効果をもたらすかをデザインするのが原流インタラクティブだと感じました。

そして、今回のセミナーのために用意されてきた、クイズシステムのデモの時間がスタート
クイズ参加用のURLに会場に参加されている方達のスマホでアクセス。
うまくいかない方もいらっしゃいましたが、ブラウザ変えるなどして何とかみなさん準備OK

いよいよクイズスタート!

始まりません。。。

皆さんの手元のスマホの画面が変わるはずが何も起きません。原さんの操作用のパソコンもウマくうごいていない様子

あわてて、Skypeで東京のバスキュールへ連絡する原さん。
それでも状況変わらず。。。

とりあえず、賞品の紹介
今回は、バスキュール、神風動画と、Creators Nightから賞品を用意していたので、その賞品の紹介
それでも状況変わらず。。。

最後の手段
もう、クイズシステムを放棄して、手動で、問題の画面を表示させて、クイズの答えをみんなで見て、賞品はじゃんけんで、と言うことになりました。

まず、クイズの問題を紹介、原さん今回のクイズのシステムのために、5問クイズを作ってくれていました。IT関連から、沖縄ローカルネタまで用意してて、原さんのトークに、笑いも取りつつ一通り問題と答えを見終わりました。。。

すると!このタイミングで
システム復旧のお知らせが!

「問題と答え」もう見たのに〜と思いつつも
何事も無かったかのように、クイズシステムを使って問題開始!

知ってる問題とは言え、早押しはなかなか燃えます!

一位になるかどうかで会場のみんなも一喜一憂。賞品もゲット。みんなの笑顔が会場にあふれ、原さんの顔にも安心からか笑みがこぼれました。

ここで、ボクは最初の「かいじゅうみんなでつくりませんか」を思い出しました。

そゆことなんですよね。

沖縄に行くって言うことで、何か楽しい物を見せたい、作りたいという原さん思いが、バスキュールのメンバーを巻き込んでクイズのシステムを作り、沖縄のみんなで楽しく遊ぶ。こういう楽しい体験(=インタラクティブなコンテンツから得られる体験)を作るためにみんなを巻き込んで実現させるのが原さんの仕事なんだと感じました。

まさかのトラブルでしたが、「かいじゅう」を作るバスキュールのメンバーの存在も垣間見ることが出来て、むしろトラブルあった方がよかったなと感じました。

さて、ココでボクらに必要なのは、原さんに「かいじゅうつくりませんか」って、誘われたときどうするか。
もちろん、参加するしかないですよね。

そのためにも、いつでも誘ってもらえるように、実力付けておきたいと思いました。

その後は、毎度おなじみ懇親会へ!

およそ19名で、ワイワイがやがや、WEB系やマーケ関係の人、アニメ、映像系などいろんなジャンルの方達が集まって楽しく過ごしました。
きっと、ここにいるみんなは「かいじゅう」作りに参加してくれると思います。

次回は、10月16日金曜日米アカデミー賞ノミネート監督YAMATOWORKSの森田修平監督をお迎えして、沖縄県立博物館美術館で行います!
ぜひご参加ください。

CN19 YAMATOWORKSの森田修平セミナー特設サイトはこちら

「AXE HOT ANGLE」CN18セミナー前に予習しよう!


AXE HOT ANGLE メインビジュアル

今回ご紹介するのは、実はWeb Designing8月号で紹介されていたユニリーバ・ジャパンのAXEキャンペーンサイト「HOT ANGLE」です。

バスキュールさんは、AXEのサイトを日本上陸したときからずっとやっているのですが、その中でも原さんが担当された、この「HOT ANGLE」が、結構未来を感じさせるコンテンツです。
Flashが必要なので、操作には、ウェブカメラのあるパソコンが必要になります。


AXE HOT ANGLE コンテンツ画面

起動させるとこんな感じで、セクシーなおねぇさんがいろんなポーズや動きをしています。
これを、画面のセンターに視線を合わせてキャリブレーションが済むと。。。
なんと、カメラのアングルを動かせるのです!
右に左に上に下に頭を動かすことで、視線を感知してカメラのアングルが変化します。。。。

まぁ女性の皆さんはあきれるかもしれませんが。。。。w
これが楽しいのですよ。
画面のカッコよさもありますが、リアルタイムに体の動きに変化しますから、コンテンツに没頭してる感があってかなりオモシロい。


AXE HOT ANGLE 操作の様子

ただ、操作の様子はこんな感じなので決してかっこよくはありませんが(笑)


AXE HOT ANGLE 運動量の集計結果

最終的には、どこでどんだけからだが運動したかデジタル表示で分析されて運動量が表示されます。
そして、最後は、こんだけ汗かいたから制汗剤いるよね?ってな感じで終わります。
しかしこの表示がまたカッコいい。チキチキ感がたまらないですよ。

かなり、男向けのコンテンツですよね。
もともと、AXE自体テレビCMでも、女性にもてるって事で、男性向けをアピールしているわけで、キャンペーンサイトもかなり男向けに振り切っちゃってます。

でも、もともと男性向けの商品ですし、キャンペーンのコンテンツもそこをターゲットにしても全然問題ないわけですよね。
そういった思いっきり、この前のネイマールもそうでしたが結構原さんの生み出すコンテンツに共通していることだと思います。

ぜひ、男子諸君だけではなく、WEB業界でバリバリ働く女性の方にも一度見てもらいたい
というか、3年前のコンテンツですので、WEBの人なら、もう見てて当たり前、今の技術はこっからプラスアルファが常識と思って、どうやったらこれ実装出来るか想像しながら見てもらいたいです。あと実現させるためのクライアントの説得の仕方とかw

そんな、バスキュール 原ノブオさんのセミナーが今週の金曜日行われます!

【イベント情報】
開催日時:2015年9月11日金曜日 18:30〜20:30(18:00より入場開始)
場所:GWAVE CAFE 宜野湾ベイサイド情報センター 1階
   沖縄県宜野湾市宇地泊558-18

定員:70名(一般 50名、学生10名、優待10名)

セミナー受講料:前売り1,800円 当日 2,300円
        学生 1,200円(入場の際学生証の提示が必要です)
        受講料にGWAVE CAFEでのソフトドリンク(1杯)を含みます。

前売りお申し込みサイト

前売りは今週の木曜日まで。懇親会の受付は、今週の水曜日(9月9日)までとなっています。

Creators Night では年に一度のWEB系セミナー
WEBマーケティングの未来とは、インタラクティブとは!が分かるセミナーとなっていますので、ぜひご参加ください!