秋元きつねセミナー Creators Night vol.3 開催しました!


先週の金曜日、秋元きつねさんをお招きしCreators Night vol.3 秋元きつねセミナー「創作と制作」を開催しました。

今回の会場は那覇市テンブスホール

前回の立ち見がでた事を反省して、ホールをお借りしました。皆さん席に着くことが出来てゆったり受講することが出来たと思います。

成功例なんて読んでもね〜

「メディアでいろんな成功例が紹介されているけど、そんなの誰もが知ってるし、誰もが当てはまるわけではないし。そんなこと追いかけても効果はあるかどうか分からないよね」と言うことをお話中

オリジナルと受注仕事メリットデメリット

今回は「創作と制作」についてということで、「オリジナル作品か受注作品」か、「作家性を出して制作するか、誰かの作品を受注して制作するか」
オリジナルか、受注仕事かということがテーマでした

いろんなWEBサービスルあるけど収益としてはどうなの?

twitterやYoutubeなどいろんなインターネット上のサービスがあるけど実際のビジネスとして結びつけるに至っている例は少ないよね〜とお話ししているところ

いろんなWEBサービスルあるけど収益としてはどうなの?

と言うわけで、秋元きつねさん的には、今後どう考えて活動していくか
・技術勝負はコストがかかる。コネに頼るのも怖い
・三年かけて良作1本作るよりも、そこそこでも月一で作れば3年後はすごいことになるはず
・20年後、30年後。世界がどうなっているか分からないけど、積み重ねた作品は残るはず
一つ一つがこれまで20年間活躍し続けてきた秋元さんならではの積み重ねで出てきた事だと感じました。

恥ずかしながらボクも相手役として隣で参加

今回、恥ずかしながら相手役として、ボクも秋元さんの隣で合間合間にお話しさせていただきました。

Keynoteによるプレゼンは終了して質疑応答

一通りプレゼンが終了し、質疑応答の時間。皆さん積極的に質問して頂きました。

イベント参加者の皆さん

今回セミナーにご参加頂いたのは、51名、20代ぐらいの若い方が半分。それ以外が半分。ウゴルー世代と「せがれいじり」世代に分かれているのもキャリアの長い秋元きつねさんらしい事だと思います。

懇親会スタート

Creators Night 実は、ここからが本番。
人とのつながりの方が、小手先だけの知識なんかよりも重要なのです。そんな違いの分かるクリエイターさん達が今回も懇親会に参加されています。

お酒が進めば会話が弾みます

セミナー中も秋元きつねさんのTVの仕事をやるきっかけになったのは、平沢進さんの打ち上げ(飲み会)だったお話しされていました。
別にたいしたことを話すわけではないのですが、飲み会が人をつなぎ、仕事もつないでいくのです。
もちろん、なーんもしなければ、ただの飲み会です。でも、ただの飲み会を有意義にできるかどうかはその人次第です。積極的に自分をさらけ出して、相手のことをよく聞くのがチャンスをつかむコツだとおじさんになった今ボクは感じています。

お酒が進めば会話が弾みます

最初は見知らぬ人同士でも、クリエイター同士。お酒が進めば、だんだんと知り合いに
最後は仲良しです

ごちそうさまでした!

今回もたくさん飲んだ〜。遅くまで飲んだせいで、車を駐車場から出せなくなってしまい、ホテルに宿泊してしまう羽目になるのですが。。。
でも、2次会もあってかなり楽しかった〜
また次回も楽しみです!

One thought on “秋元きつねセミナー Creators Night vol.3 開催しました!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です