神風動画作品を予習しよう「ナンバー吾」



この作品はものすごく思い出に残ってる作品です。
まず、漫画家の大友大洋さんは、ボク大ファンですし、その作品を映像化したのが水崎さんだと聞いてかなり興奮したのを覚えています。出来た作品は、マンガそのものので、輪郭線そのままに動画が動くし、擬音もバリバリ動く。そんな作品を2003年当時に3DCGをベースにですでに作っていたのがまず驚きで、そんな作品はまず無かったんですよね。
ネットなどでは、松本大洋タッチの処理をするプラグイン「大洋シェーダー」があるに違いない、と言われたものです。
翌年に、この作品をひっさげ、LightWave 3Dのセミナーで水崎さんと一緒に、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡と国内5か所でセミナーを開催しました。
その頃から水崎さんと親しくなっていったのか〜。懐かしいなぁ〜
このとき開発されたLightWave 3DとAfterEffectsをつかって、3DCGでレンダリングして後処理でセル画調に仕上げる手法が、今日の神風動画の3DCGセルの基本につながっていると思います。
と言うわけで、予習するには、まず最初に見てもらいたい作品です。
Creators Night vol.4 神風式 lite -OKINAWA-
参加申し込み&水崎さんへの質問 9月20日まで受付中!
Creators Night vol.4 「神風式 lite -OKINAWA-」
開催日:2011年9月25日 日曜日
時間:18:00〜20:00(17:30開場)
場所:沖縄県立博物館・美術館 講座室
セミナー受講料:1,000円
定員100名
参加申し込みは、こちらから
http://ar-planning.sakura.ne.jp/cn/cn004

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です