セミナー前に予習しようその1「Adobe PhoneGap」


Adobe PhoneGapは、HTML5やJapaScriptで作成したモバイルアプリケーションを、iPhoneや、Androidのネイティブアプリケーションに変換するフレームワークです。

ビデオでは、PhoneGap Buildと呼ばれるクラウドでコンパイルしてアプリケーションを作成していることが分かります。開発者なら誰でも頭を悩ませるのが、コンパイル環境を整えることなんですよね。やれあのライブラリを用意して、今回のプロジェクトはこれこれこういう具合のオプション付けてコンパイルして等々。結構めんどくさいです。
でも、PhoneGap Buildだとその辺簡単なのがイイですね。
iPhone用のアプリ開発のためには、iPhone Dev Centerへの登録なども必要なので、ちょいと気軽に試すにはためらいますが、でもWEB作ってる方でも、iPhoneアプリできそうと思わせてくれるのはかなり頼もしい存在なのでは。
クライアントさんに、iPhoneアプリとかって出来ないかな〜なんて相談されたら、出来ますよ。なんて答えられるかもですw
Creators Night vol.5 「Adobe 次世代ツールセミナー開催!」イベント詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です