CN05 登壇者 アドビ太田氏のプレゼンに見るAdobeのツール戦略


Creators Night vol.5をご案内した4月23日にアドビの新製品 Adobe CS6が発表になりました。
Photoshopの新機能に度肝を抜かれ、Illustratorのライブトレースに感動し、After Effects のグローバル パフォーマンス キャッシュを待ち焦がれてた方も多いでしょう。
もちろん、これら既存のツールの改善はクリエイターの皆様に多くのメリットをもたらすのですが、Creators Night的には、クリエイターの皆様が、今後どのようなワークフローで制作を行うのかという所に注目したいと考えています。
そのワークフローのヒントとなるのが、6月1日にご登壇いただくアドビ太田氏の2012年3月19日にeビジネス推進連合会の同会会員向けに行われたセミナーでのプレゼンに見ることができます。

HTML5とモバイルがもたらすマルチプラットフォーム社会におけるアドビのコンテンツ開発手法がプレゼンでは語られています。
PhoneGapでHTMLとJavascriptをつかった、スマフォアプリを作り、Edgeは、HTML5に準拠したアニメーションの制作が可能になり、Shadowで動作テストをサポートなどなど、次世代のアドビのツールは、一つのコンテンツをマルチに展開するための物が多いです。
この事は、実際今後コンテンツ開発はホームページに掲載されればいいというのではなく、ホームページのUIは、サイトのスマフォアプリ、Andoroidや、iPhoneアプリのUIもホームページと共通にしたい、コンテンツその物はiPadの電子書籍として公開したい。
などなど
今後クライアントから指定されるコンテンツの利用方法はますますマルチに広がって行くことになると予想されます。
ぜひ、6月1日開催されるCreators Night vol.5のセミナーでアドビ太田氏のプレゼンを聞いて、また懇親会では実際に太田氏と直接お話しになることによって、今後のコンテンツ制作事情や、現在移りつつあるコンテンツ制作を依頼する側の事情など貴重な情報を得ていただければと思います。
Creators Night vol.5 参加受付中!
イベント詳細
http://cno.ti-da.net/e3882116.html
参加申し込みサイト
https://ar-planning.sakura.ne.jp/cn/cn05
今回からまとめてのご参加申し込みも可能になりました。
代表者の参加登録の際に備考欄に追加でご参加いただく方のお名前とメールアドレスをご記入ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です