白組セミナーの前に予習しよう!「うっかりペネロペ」


田中さんが手がけた作品として、今回取り上げるのが、「リサとガスパール」の絵本の作者ゲオルグ・ハレンスレーベンアン・グットマン夫妻の絵本シリーズ「うっかりペネロペ」です。

こちらは、2006年、2009年とNHKで放映されたのですが、全て3DCGでありながら絵本のタッチでアニメーションする表現は当時大変珍しく、日本映画テレビ技術協会・映像技術賞、文化庁メディア芸術祭で優秀賞、フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭 TVアニメーション部門で入選するなど多くの賞を受賞していることからも作品とその表現力が高く評価されていることが分かると思います。

まだご覧になったことない方は、ぜひ一度見てみることをオススメします。

 

うっかりペネロペ オフィシャルサイト 
うっかりペネロペ白組作品紹介サイト

 

DVDの紹介(AMAZON)
 

Creators Night vol.8 「白組作品プロデュースして魅せます」セミナー 参加受付中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です