「テッド」のVFXがCGWORLD.JPに掲載


皆さんは、映画「デッド」ご覧になりましたか。クマのぬいぐるみが下ネタ連発、クマの持ち主でいけてない中年とのコメディ作品です。きわどい(エロじゃないところで)セリフもあって、前の座席に座ってた高校生のグループがみて大丈夫かなと心配になったりしましたが、とにかくオモシロい友情のお話しでした。

そんな「テッド」のVFXについてのコラムがCGWORLD.JPに掲載されていました。注目は、モーションキャプチャにフルボディスーツのMVNが使われている点です。これがあればモーションスタジオがなくても現場でキャプチャできるのはすごい画期的だと思いました。記事では、監督がスーツを着用しているシーンがありました。監督が直接演技指導できるのもこのスーツの利点ですよね。

ぜひ、映画を見た方。これから見る方問わず楽しめる記事だと思いますので、ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です