「世界一!」セミナーの前に予習しよう第三弾「笹原和也のザ・ワールド・イズ・マイン」教育編


前回は、セミナーに関連しそうな事と言うことで、笹原さんのブログ「笹原和也のザ・ワールド・イズ・マイン」の「企画」について取り上げました。

今回は、セミナーのテーマとは異なりますが、きっと興味のある人の多い「教育」についてです。教育と言っても内容的には、現在教育を受けている人に対しての就職活動指南といった内容です。CGを仕事にしたい人であれば、きっと興味のある話題だと思いますので、今回取り上げてみました。

これからCG業界に入りたいと思っている みなさんへ向けて
まずは、職業としてCGを目指す人たちへのエールです。やる気と、1.5年努力を続ければ、十分CGで食べていけると伝えています。もちろん、やる気出し方についても触れています。やる気のない人は、具体的な想像が出来ていないからだとしています。CGの仕事について情報を集め、自分の好きな作品がどういった人たちが作ってて、どのようにして作られているのか、そしてそこに加わる自分を想像してそれに対して努力をする。そしてCG業界に就職するのは全然難しくないと締めくくっています。

地方に住むアニメ・CG・ゲーム業界を目指す若者さんのうち、「東京で就職したい!」という方にアドバイス
まずは「東京に来い」って事ですw
文中でも触れていますが、もちろんこれは金銭的に負担のかかる方法なので、絶対というわけではないみたいですが、スタジオによっては「東京、神奈川、千葉」あたりじゃないと採用しても「ホントに来るかな」と思う人事担当もいるようで現住所と、勤務地の距離を気にするみたいです。まぁそりゃそうですよね。採用しても「親に反対されて」とかなっちゃうとアテにしていた戦力がいなくなってしまうわけですからスタジオとしては死活問題です。かといって、引っ越しのサポートとなるような準備金とかも出ないわけですからスタジオとしては拘束力も無いわけですしね。その辺地方からの就職希望者は対策考えた方がいいかもしれませんね。まぁボクは人事担当じゃないので有効かどうか分かりませんが、親から「スタジオに入社できた場合は、家族のお金で絶対、東京に引っ越しさせる」と一筆書いた手紙とかね。まぁ効くかどうかよく分かりません。会場で笹原さんに直接訪ねてみてください。

アニメーション塾をやってみる世界一!
世界一がエフェクト塾もやることにした!
笹原さんがネットワーク越しにアニメーションと、エフェクトを指導してくれるという企画なのですが、ここで注目したいのは、課題の内容は、思うにこれらの技術は笹原さんが採用する際にこれぐらいのスキルはぜひ欲しいよね。と言うことだと思います。セミナー参加者の方からの質問にも、ありましたが、CGのプロを目指したい人は、一つの目安にしてみてはどうでしょうか。

就職活動するのに知っておくとよい情報
これが一番注目してもらいたいところです。
まずはポートフォリオ超大事。そして狙っているスタジオによって、求められるスキルが違うと言うこと。分業していないブティック系のスタジオであればオールラウンダー、大規模なスタジオであれば一芸秀でているタイプそれぞれ求められているスキルの範囲があるようです。ココを見誤ってポートフォリオ作ると残念な結果になるかもと言うことだと思います。

CG業界の人が集まるパーティなどの場所では、ポートフォリオを見せている転職希望の人や学生さんを見かけるのですが、当然パーティと言うことで公の場では無いので、そこで即採用にはならないのですが、大抵は見た感想と、「ウチのスタジオはこんな職種の人を欲しいからそういうポートフォリオ用意できたら送ってみて・求人ホームページに出たら送ってみて」見たいな返事をもらえる場合が多いです。Creators NightでもCG系の方達の集まる貴重な機会です。せっかくなのでご自分の作品を見てもらってはどうでしょうか。当然印刷されている方がイイですが、iPadやiPhoneに入った画像でもいいと思いますよ。来ている人に、どんどん人に見てもらいましょう。

と言うわけで、いよいよ今週土曜日はCreators Night vol.9「笹原和也の世界一になる アニメーション企画演出術」開催です。
お申し込みまだの方はぜひお申し込みください〜

cn09イメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です