CN24 カナバングラフィックス アニメーションメイキングセミナー 12月1日開催!


オリジナルアニメーションの作り方教えます

カナバングラフィックスは2006年に「ウサビッチ」を発表し、その10年後である2016年には最新作の「イナズマデリバリー」の配信を開始し、現在も様々なジャンルで独自の世界観の作品を作り続けています。また制作をするだけではなく、自らビジネスに関わっていくことに取り組んでいるCGプロダクションです。

今回のCreators Night vol.24では、カナバングラフィックスの代表富岡聡氏をお招きして、カナバングラフィックスのオリジナルアニメーションの企画起ち上げから制作、商業展開までお話し頂きます。

また、沖縄でカナバングラフィックス同様にオリジナルキャラクターを使ったアニメーションを制作するDOKUTOKU460 の代表 城間英樹氏も交えて、オリジナルキャラクターを使ったビジネスについてお話しいただきます。

【イベント情報】
開催日時:2017年12月1日金曜日 18:30〜21:00(18:00より入場開始)
場所:那覇市てんぶす館てんぶすホール
定員:200名
セミナー受講料:無料(ただし事前登録が必要です。)

申し込みはこちらから

【登壇者紹介】

CN22 登壇者 富岡氏自画像富岡 聡 (とみおか さとし)
有限会社カナバングラフィックス 代表取締役/ディレクター
1972年生まれ三重県出身。1997年に株式会社Dream Pictures Studio入社。1999年 フリーランスのデザイナーとして活動を始め、同年に個人制作の初のオリジナルアニメーション「SiNK」を発表する。2004年に有限会社カナバングラフィックス設立し、ゲームムービー、ショートフィルム、コマーシャルフィルム、映画など様々なジャンルのCGアニメーションを手掛ける。2006年に監督、脚本、絵コンテを担当した「ウサビッチ」が放送・配信を開始。その後、「ウサビッチ」は2015年までに6シリーズを発表。2016年に新作アニメーション「イナズマデリバリー」を発表し現在に至る。
CN22 登壇者 城間氏近影城間英樹(しろま ひでき) 
DOKUTOKU460 inc. 代表取締役/アートディレクター
東京にてコナミ等コンシューマーゲーム開発数社にてキャラクターチームとして従事。その後拠点を沖縄へ移し2008年より独立。 ゲーム開発の経験をベースに、アニメ、オモチャ、グラフィック、テレビCM、広告、企画、などキャラクターコンテンツに垣根を作らず活動中。主に自社オリジナルキャラクター制作に力を入れており、( BUDOG ・REDBOOTS・他)国内外で展開中(準備中含む)。

【懇親会について】
セミナー修了後、講師の皆様との交流もかねて会場近郊の居酒屋にて懇親会を行います。会費は4千円程度を予定しております。沖縄でゲームなどクリエイティブな仕事に興味のある方ぜひこの機会にご参加いただき、情報収集やコネクションづくりの一環として参加されてみませんか。懇親会の参加申し込みは、11月29日13時までとさせて頂きます。

【駐車場について】
解除には来場者様の駐車場はございません。近隣の有料駐車場を各自ご負担で、ご利用されるか、モノレール、バスなどの公共交通機関をご利用くださいますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です