CN27 ゲームアートワーク セミナー


ディライトワークスのグラフィックについて全部教えます

今回のCreators Night は、Fate/Grand Order が大ヒット中のディライトワークスより、クリエイティブオフィサーの直良有祐氏とグラフィック部マネージャーの田口博之氏をお招きいたします。

直良氏は、昨年、ディライトワークスに参加後、アート部門と、グラフィックス部門それぞれを専門におこなう、ディライトアートワークスとディライトグラフィックワークスを起ち上げました。

今回は、ディライトアートワークスの直良氏とディライトグラフィックワークスの田口氏をお招きし、ディライトワークスのアートワークとグラフィックの考え方について、お話し頂きます。

将来絵を仕事にしたい学生さんや、学生の頃勉強したアートとイラストの違いが分からないデザイナーさん、現在中堅所のアートディレクターさん、アートでご飯食べられるの?って心配な親御様など、広い範囲の方達に聞いてもらいたいセミナーです。

入場無料 ただし入場人数には限りがありますので、参加お申し込みは、Creators NightのFacebookページまでご連絡ください。

Creators Night Facebook CN27イベントページ リンク

イベント詳細
日時:2019年2月1日金曜日 18時半開演(18時受付開始)20時半終了
場所:沖縄市 スタートアップカフェ コザ
〒904-0004 沖縄県沖縄市中央1丁目7−8

登壇者紹介

直良 有祐(なおら ゆうすけ)
ディライトワークス株式会社
クリエイティブオフィサー

スクエア・エニックスにて 「サ・ガ」、「FRONT MISSION」シリーズのアートワーク、「ファイナルファンタジーVII、VIII、X、XV、零式」のアートディレクションを努め、2016年より独立し故郷の島根県出雲にてデザインスタジオ IZM designworks株式会社を起ち上げ、2018年よりディライトワークスに参加。現在は、ディライトワークスのクリエイティブ オフィサーおよびディライトアートワークスのゼネラルマネージャーを努めるとともに、IZM designworks代表として出雲の地より世界に通じるコンテンツ制作に挑戦している。

田口 博之(たぐち ひろゆき)
ディライトワークス株式会社
グラフィック部マネージャー
グラフィックディレクター

1992年セガに入社し3Dゲームの黎明期を体験、1996年よりアートディレクター、グラフィックディレクターとして「THE HOUSE OF THE DEAD」シリーズ。「ヴァンパイアナイト」「アヴァロンの鍵」「アルテイルクロニクル」「三国志対戦」「戦国大戦」に参加
2018年よりディライトワークスに参加。アートを捨て「生粋のゲーム職人」としてディライトグラフィックスワークスを背負う人材として期待されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください