うっかりペネロペメイキングセミナー開催しました。


公演中の白組 河村氏

3月20日第11回目となるCreators Night 「うっかりペネロペ」メイキングセミナーを開催しました。
おそらく滅多に見られないフランス語版の「ペネロペ」パイロット版に始まり、今回の「うっかりペネロペ」第三シーズンは、白組だけでなく、たのアニメーション制作会社との連携が重要のため、ペネロペ制作についての作法や、資料の共有方法がお話しされました。また、プロデューサー 田中尚美氏、CGディレクター ネフトフィルム 沼口氏ウサギ王 うもとゆーじ氏へのインタビューがCGWORLDのCreative Confarence の時と比べて今回のセミナーのために新しく収録されてました。

最後は、KAWAMURA SELECTIONとめいうち第3シリーズで放送された「うっかりペネロペ」を河村さんが解説されました。NGとなった理由と、NGカットと修正後、自身がお気に入りのシーンなどをについてお話しされました。

特に面白いなと感じたのは、ペネロペはジェンダーフリーの観点から女の子だけど青色の体だったりしますが、同様に失敗したから頭をポリポリかくと言ったお約束のジェスチャーもNGとしていることです。ペネロペの世界(またはペネロペの振るまい)は大人のまたは既成のお約束はありません。あくまでもお話しの中で自然に成長し学習した結果がアニメーションとして表現されるべきで、頭ポリポリや、お母さんはフリフリのエプロンを着たりしません。太ってるから食いしん坊だったり、メガネかけていたら賢いと言う人格を見た目で表現することもありません。このようなことを徹底させるのは、さすがフランスの作家さんだなと感じました。逆に犬のストロンボリ顔のブチは左でも右でもどっちでもイイという何ともおおらかなところもあると聞くと、さらにキャラクターの人格的描写へのこだわりを余計に感じました。

当初20時終了で講演時間1時間半の予定が20時30分、2時間たっぷりお話しいただきかなり見応えのある内容でした。また、今回たまたま沖縄に来ていた神風動画の水崎さんも一緒にご登壇いただき、河村さんに質問したり補足していただいたり、かなり充実したセミナーになったんじゃないかと思います。


懇親会会場で記念写真


一見カフェ実は魚屋さんの2階ですw

そしておなじみ、セミナー修了後の懇親会へ
今回の懇親会は、沖縄国際映画祭に来ていた、社団法人VFX-JAPANの代表で4Dブレインの秋山氏と、CMディレクターの尾小山氏、そして京楽ピクチャーズ様も合流されて、沖縄のクリエイター達と濃い話で盛り上がり、2次会へ突入。


初めて会ってもみんな仲良し


混雑したバーのあちこちでクリエイター達が語り合います。

久しぶりのセミナーで、ちょっと心配していたのですが、常連の皆様のおかげもあって、無事楽しく開催する事が出来ました。

次回は、5月31日にキャラクターメイキングセミナーを開催します。
4月に入ったらすぐに告知開始出来るよう現在準備中です。ちょっとお待ちください!

うっかりペネロペ メイキングセミナーチラシダウンロード

Creators Night vol.11 うっかりペネロペメイキングセミナーのチラシPDFをWEBで公開しました。
配布している場所になかなか行かれないという方、ぜひダウンロードしてみてください。

「うっかりペネロペ」メイキングセミナー Creators Night vol.11 チラシ

ペネロペセミナーちらしが出来ました

Creators Night vol.11 ペネロペメイキングセミナーチラシ

Creators Night vol.11のチラシが完成しました。
たぶん、今までのどのチラシよりもカワイイ物になりました。

今日さっそく、いつもお世話になっている学校に配りに行きました。

設置していただいているのは

学校法人KBC学園専修学校インターナショナルデザインアカデミー
学校法人KBC学園専修学校国際電子ビジネス専門学校

専門学校ITカレッジ沖縄

ヒューマンアカデミー 那覇校

沖縄県立芸術大学

桜坂劇場

宮脇書店 那覇国際通り店

さらに、宮脇書店 那覇国際通り店様は、ペネロペ10周年として、ペネロペ特設コーナーも用意されているので、絵本やぬいぐるみ、グッズなども手にとってご覧いただく事も出来ますので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

白組セミナーの前に予習しよう!「うっかりペネロペ」

田中さんが手がけた作品として、今回取り上げるのが、「リサとガスパール」の絵本の作者ゲオルグ・ハレンスレーベンアン・グットマン夫妻の絵本シリーズ「うっかりペネロペ」です。

こちらは、2006年、2009年とNHKで放映されたのですが、全て3DCGでありながら絵本のタッチでアニメーションする表現は当時大変珍しく、日本映画テレビ技術協会・映像技術賞、文化庁メディア芸術祭で優秀賞、フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭 TVアニメーション部門で入選するなど多くの賞を受賞していることからも作品とその表現力が高く評価されていることが分かると思います。

まだご覧になったことない方は、ぜひ一度見てみることをオススメします。

 

うっかりペネロペ オフィシャルサイト 
うっかりペネロペ白組作品紹介サイト

 

DVDの紹介(AMAZON)
 

Creators Night vol.8 「白組作品プロデュースして魅せます」セミナー 参加受付中