CN14 「世界で勝負!」海外スタジオと働くセミナー 開催しました

9月27日 沖縄県立博物館美術館講座室にて14回目のCreators Nightを開催いたしました。

今回も最初に神風動画の水崎さんのスタート。今回の人はなぜ映像を見て面白いと思うかをテーマに、お話になりました。人は普段見慣れない物をみると無意識に気づきそこに注目する。そこに興味が生まれ面白いと感じる。こんな感じの内容のお話しでした。水崎さんが普段見慣れているビルの前の歩道と、沖縄の風景と、比べてどこに視線が移動していくか可視化した画像を並べて説明するところはわかりやすくて、勉強になりました。いつも30分で短いのですが、毎回勉強になります。


Creators Night vol.14 Tengami 東江さん

東江さんのパートでは、Tengamiの開発に至る、Nyamyam設立の経緯から始まり、とびだす絵本の研究や、MODOのプラグイン開発について(ちょっとやり過ぎ感がありましたがw)、デザインやゲームスタイルの遍歴などなど。特に海外の人が憧れる日本の色や背景やキャラクターについての研究については、海外進出を目指しているゲームデザイナーには大いに参考になったんじゃないかと思います。あと、海外のインディーゲームの展示会についてもかなり参考になったんじゃないかなと思います。途中かなりぶっちゃけたお話も聞くことができて、笑いをこらえて聞いていました。


Creators Night vol.14 メタルレッド 佐分利さん

佐分利さんのパートでは、突然届いた1通のメールから始まるドラマ仕立て。とことん、フリーメールアドレスでかぶせてくるなぞの人物相手に、不安になりながらも、ひたすら待たされ、ハッキリしない指示と、日本に対してのちょっとしたカンチガイw、などなど。よく根気強く付き合ったな思いました。
しかし、そんな相手にも末だけの状況を打破するために、丁寧に、出来ることと撮影プランの資料を作って、提案しなんとか納めるところはコレまでも数々の大手と仕事してきた佐分利さんならではだなと感心させられました。
未使用の東京タワー真上からの映像はかっこよかったな〜。これはみんなに見てもらいたかった。うん。


Creators Night vol.14 懇親会

その後は、おなじみ懇親会へ、今回は初めて栄町市場の黒ひげさんへお邪魔しました。小さなお店でしたが、このタイトさ加減が参加者の親睦を深めるに一役買ったんじゃないかと思います。また使おう。うん。


Creators Night vol.14 2次会

そして、2次会へ。今回も盛り上がりました。

次回は、11月15日 Creators Night初のワークショップ形式でプロカメラマンの稲垣純也氏をまねいて写真撮影講座を行います。
参加申し込みは、近日中にご案内します。お楽しみに!