沖縄にトップクリエイター9人が集結!Creators Night Premium ーCG ARTS Partners Sessionsー 開催!

10月15日土曜日に開催するCreators Night Premium ーCG ARTS Partners Sessionsーの特設サイトを公開しました!

Creators Night Premium ーCG ARTS Partners Sessionsー 特設サイト

また、今回のイベントのリーフレットのPDFも公開しています。

ぜひこちらもごらんください!

座席には限りがあります。お申し込みはお早めに!

TOUMAさんセミナー前の予習 コラボレーション編

これまでは、TOUMAさんのオリジナルキャラクターに注目してきました。しかし、TOUMAデザインは他のキャラクター達ともコラボレーションしています。今回は、すでにあるキャラクターをTOUMAさんがリメイクしたキャラクターを紹介します。

ウルトラマン X TOUMA




ウルトラマン X TOUMA ガシャポン その2


ウルトラセブン X TOUMA

メジャーなところで、数も多いのがウルトラマンのリメイクじゃないでしょうか?
その他にも、いろいろと(たぶん出せない)ウルトラ物を手がけているみたいです。
KNUCKLEBEARのウルトラマンカラーとかあればメチャメチャかっこよさそう

MONSTER HUNTER×TOUMA


MONSTER HUNTER×TOUMA アイルーコレクション


MONSTER HUNTER×TOUMA アイルーコレクション2

カプコンの人気ゲームタイトル「モンスターハンター」のプレーヤー達のサポートを行うアイルーをTOUMAさんがリプロダクト
これがメジャーキャラクターと公式にコラボした最初の商品になるのでしょうか?ちょっとその辺は、セミナーの時にでも聞きたいですね。

トランスフォーマー×TOUMA


トランスフォーマー×TOUMA クリアフォルダ


トランスフォーマー×TOUMA キーカバー

どれも、「TRANS FORMERS Revenge Of The Fallen」公開時に劇場限定で販売されていた物らしいのですが
それより何よりこれですよ


トランスフォーマー×TOUMA 25周年記念切手

切手ですよ!TOUMAさん切手にもなってます。それも50円切手。使用することが出来ます。
何となくですが、フツー25周年の記念に切手にするなら、もともと作ったTAKARAさんのオリジナルなトランスフォーマーのイラストでもいいわけじゃないですか
それをあえてTOUMAデザインのトランスフォーマーで出す。これはホントすごい。マジで認められている証拠だと思います。

スターウォーズ×TOUMA


スターウォーズ×TOUMA ダブルフィギュアマスコット


スターウォーズ×TOUMA ダースヴェーダー&ストームトルーパー


スターウォーズ×TOUMA ルーク(ジェダイ)&レイア


スターウォーズ×TOUMA C3PO&R2D2


スターウォーズ×TOUMA ハンソロ&チューイ


スターウォーズ×TOUMA ヨーダ&イウォーク

スターウォーズのおなじみのキャラクター達も

ディズニー×TOUMA


ディズニー×TOUMA ELEMENTS OF COLORS

ディズニーのミッキーもTOUMAさんデザインしています。
おまけにこのミッキー、ミッキーマウス、ドナルドダック、くまのプーさん、3つのキャラクターの色要素を抽出してデザインする。何ともしゃれた事をやっています。

この他にも、ゴジラや、仮面ライダー、ワンピースなど世界的に有名なキャラクターとのコラボも多いTOUMAさん
ぜひセミナーでTOUMAデザインの神髄についてどんどん質問してください!

Creators Night vol.12「TOUMAさんのキャラクター制作術セミナー」まだまだ参加者受付中です。
イベント情報、参加申し込みはこちらから

CN12 質問受付中

次回のTOUMAさんのキャラクター制作術セミナー質問を募集しております。聞きたいあれこれ、この機会に聞いちゃいましょう。

質問しても、当日来られない方もいらっしゃるかもしれませんが、WEBで受け付けた質問は、Facebookページか、Creators Night ブログに掲載するので、どしどしご応募ください。

ヨコオタロウの「ゲームとシナリオの話」セミナー開催しました。

8月24日土曜日 18時から那覇のtab’spotにて10回目のCreators Night ヨコオタロウの「ゲームとシナリオの話」を開催しました。


今回のセミナー会場は、カフェ tab'spotです。

今回も、前回同様カフェで開催したので、飲物片手にのんびりとした雰囲気でセミナーを行いました。


ヨコオさんのセミナー開始です

いよいよセミナー開始。ヨコオさんは、顔出しNGなので、伏せさせていただいております。
けど、なんだかよけいに目立っちゃいますねw


シナリオの構成要素をレイヤーの重なりで表現

セミナーの内容は(ポイント、コメントは、ボクが独自に感じた事でヨコオさんのチェックは受けていません)

  1. ゲーム独特のストーリーの展開について
    ゲームは、映画や、小説と異なりいろいろな制限がある
  2. 感動の解体・解釈
    なぜ、物語を聞いて人は心が動かされるのか
  3. ストーリーを体験する事
    プレーヤー・視聴者にとって、現在プレーまたは放送されている話が過去の積み重ねで最大であり全てである。
  4. 設定が分かる瞬間
    プレーヤーは、キャラクターの設定について当初分からない。キャラクターの行動を共に体験することで設定を理解する
  5. 人は物語をレイヤーで解釈する
    「コンセプト」「構造」「演出」この3つで物語を解釈し、物語はこの3つを行き来して展開する
  6. 他者を考える
    どういう人がプレーするのか想像してみる。しかし、一度想像しただけでは足りない。想像を拡張していく

以上のような内容で講演は進みました。いろいろな要素を積み重ねることで心を動かすゲームができる訳なのですね。
そしてポイントとしては、必ず受け手を意識して、ストーリーを積み重ねている点。そのためにストーリーを展開し、伝える、それが人にどう作用するか意識する。このようなことを念頭に置いてヨコオさんはゲームを作っているような印象を受けました。


プレゼンにチョイチョイ現れるイラストかなりカワイイです

プレゼンにチョイチョイ登場するキャラクターのイラストがかなりカワイイです。それもそのはず、バンダイナムコの「太鼓の達人」キャラクターデザインをされている奥様の横尾有希子さんがデザインされたキャラクターです。
このキャラクター達がいるだけで、プレゼンをわかりやすくしてくれます。

今回使用されたPDFを公開します。
CN10 スライドPDF


セミナーの後は、おなじみ懇親会です


さすが!ヨコオさんのゲームのファンの方はゲームのパッケージ持参でイラストを描いてもらっています。

セミナーの後は、近くの居酒屋へ移動して懇親会です。
今回初めて懇親会に参加された方がほとんどでしたが、みんなヨコオさんのゲームファンの方ばかり。
すぐに打ち解け、深夜まで。そして二次会へと続いていきました。

8月24日 Creators Night vol.10 ヨコオタロウの「ゲームとシナリオの話」開催!

8月24日土曜日 那覇市西にあるビジネスカフェ tab’spotにて、第10回 Creators Night ヨコオタロウの「ゲームとシナリオの話」を開催します。

ヨコオタロウ氏は、1994年にナムコ(現バンダイナムコゲームス)にCGデザイナーとして入社後、ソニーコンピュータエンタテインメント、キャビア(現マーベラスAQL)ゲーム制作会社にてディレクター・デザイナー・映像制作など多くの職種で活躍された後、現在は無職として組織に縛られず活動範囲を広げ、映像やゲームのディレクション、世界観設定やシナリオ作成に携わっています。代表作は『ドラッグ・オン・ドラグーン』シリーズ『ニーアゲシュタルト/レプリカント』。2013年に発売予定の『ドラッグ・オン・ドラグーン 3』にクリエイティブディレクターとして参加しています。

Creators Night vol.10 では、ヨコオ流ゲーム製作術「ゲームとシナリオの話」をしていただきます。

セミナー受講料には、セミナー中のフリードリンクが含まれております。ドリンクを片手にリラックスしてセミナーをお聞きいただければと思います。
また今回から会場にて受講料をお支払いいただく、当日チケットの他に、お安い前売りと、学生割引もご用意いたしました。ぜひご利用ください。

ヨコオタロウ氏近影
【セミナー概要】
タイトル:Creators Night vol.10 ヨコオタロウの「ゲームとシナリオの話」
開催日:2013年8月24日土曜日
時間:18時〜20時(17時半入場開始)
セミナー受講料:2時間フリードリンク付き
当日:1,600円 / 前売:1,400円 / 学割:1300円
(学割も事前お申し込みが必要です。お申し込み後、支払いの際に会場にて学生証の提示をお願いします)
会場:Tab’spot タブポット
沖縄県那覇市西1-12-19

お申し込みはこちら

【セミナー会場】
Tab’spot タブポット

大きな地図で見る

世界一! Creators Night vol.9 開催いたしました!

5月18日土曜日にCreators Night vol.9 「笹原和也の世界一になる アニメーション企画演出術」を開催いたしました。今回初めて那覇以外の場所、北谷町のCreators Residenceにて開催いたしました。多くの皆様にご来場いただく事が出来ました。

Creators Night vol.9 会場の様子

写真のようなゆったりとしたソファーに座って見つめる先には、会場に設置された250インチの大型スクリーンが!そしてそのスクリーンには、笹原さんのプレゼンテーション!その瞬間を背中からパチリです。

講演の内容は、「笹原”世界一”和也のキャラクターデザインメソッド」「笹原和也のオリジナル作品への道」についてお話いただきました。

笹原”世界一”和也のキャラクターデザインメソッド」「笹原和也のオリジナル作品への道」の2本のテーマについては、笹原さんのご厚意により資料が公開されているので、ぜひご覧いただければと思います。

いやーキャラクターデザインメソッド、ほんと笹原流思考術と命名しても良いほど方法論として確立されているんじゃないかなと思いますよ。学生さんも現在制作されている人もみんな使える方法だと思います。オリジナル作品についても企画する人にとっては、ホント参考になると思います。
ぜひ皆さん見ていただければと思います。
個人的には、「キャラクターの一口キャッチフレーズを付ける」と言うところに注目してて、たしかに最初にお話しされたキャラクター設定集に、必ずキャッチがついてたんですよね。簡単に言葉で説明できるからこそキャラクターとして特徴が出てくるんだと思います。

会場には、学生さんも多く参加されていたようで、皆さん熱心にノートを取っていました。たしかに、これ絶対ノートにメモした方がいいですよ。

今回はこれまでと異なり、居酒屋に移動することなく講演の後は会場に残り笹原さんを囲みみんなでお話をしました。
最初はみなさん緊張していたのか、イマイチ話が弾まなかったのですが、いただいていた質問にお答えいただいて、皆さんと笹原さんとの名刺交換が終わった頃からだんだんと打ち解けてきて、ポートフォリオを見てもらったり、就職の相談や、CGの勉強について等々
多くの交流がアリ、非常に充実した会になったと思います。とりあえず、次回も同じようなスタイルでやってみようかな〜。でも次回はビールの好きな人だからな〜どうしようかもうちょっと悩みます。

セミナーが終わってにっこり

そして、セミナーの後は、笹原さんとホテルの近くのお店へ
初めて、二人だけで飲みに行きましたw
楽しかったな〜。実は同い年な二人。過去に見たテレビやアニメ流行ってた物はほとんど同でいろいろお話ししました。そしてたまたまお店でついてたヴァルヴレイヴを一緒に見ました。アニメ好きな中年二人ですw

笹原さんまた、沖縄に来てください〜

「世界一!」セミナーの前に予習しよう第二弾「笹原和也のザ・ワールド・イズ・マイン」

さてさて、今週も「世界一」セミナーに備えて予習しましょう。
今回は、笹原さんが公開しているブログ「笹原和也のザ・ワールド・イズ・マイン」です。

笹原和也のザ・ワールド・イズ・マイン」には、笹原さんが作品を作る上で感じていることなどいろいろまとめられていて、セミナーの予習にはもってこいです。内容は「演出について」「カメラワーク」「オリジナル作品」などなどCGスタジオのノウハウが多岐にわたって書かれています。
今回はイベントタイトルにもある企画について書かれている記事を読んでみてみましょう。

CG屋さんのための企画教室 その1 「やりたいことをやる」
ここで笹原さんは、「オリジナル作品の企画」について触れています。これはたぶん皆さんが思っているような企画じゃないかもしれません。クライアントがいて企画を持って行くような物では無いと書いています。
その中で大事なことが、「やりたいことをやるように企画する」です。
ただ、「やりたいことがない」場合もあるけれども、「そうじゃない絶対ある」と書かれています。ココ結構重要で、「どんなくだらない物でもアーティストの表現に対する欲望に忠実であれ」と言うことに触れているんだと思います。

CG屋さんのための企画教室 その2 「雪だるま式企画立案法」
ここでは、笹原さん流の企画ブラッシュアップ法が書かれています。社内で惜しげも無く自分の考えを話して賛同者を募ります。最初は仲のいい仲間に話し、だんだん相手のレイヤーをあげていくことで企画は磨かれ、最後には、最上な企画に仕上げていきます。

CG屋さんのための企画教室 その3 「自分のやりたいことを、他人におもしろいと思わせる。」
これは、その2の「雪だるま式企画立案法」の各ステップでいろんな人を巻き込むためのテクニックについて書かれています。自分の「やりたいこと」をシンプルになるようそぎ落としていきます。次に30秒で説明できる範囲で補足の部分を追加していきます。シンプルにした「やりたいこと」を保ちながら様々なキーワードを追加していくことを試していきどんどんオモシロいと思ってもらうまで繰り返します。

CG屋さんのための企画教室 その4 「企画を通すために必要なこと」
いよいよ最後の砦、企画を実現するために必要な要素がまとめられていて、最後物を言うのは、人との信頼関係が一番という風にまとめています。

笹原流企画術で注目するのは、その1の「やりたいことをやる」ココにつきるのでは無いかと思います。「やりたいこと」に、高尚な目的なんて必要なく、かっこ悪くても、反社会的でインモラルで下品で趣味が悪くても、セケンの評価はまずは気にせずそこと向き合うことが重要だと言うことです。

そして、その「やりたいこと」と向き合い、純化していき、そのあと表現として受け入れられるよう「やりたいこと」を人にぶつけていき形作っていく過程が企画作りにおいて重要だと言うことになると思います。

自分のアイディアを素直に人にぶつける作業は、正直楽しい作業では無いと思います。良いと思っていたアイディアも、他人からは理解されずむしろ批判されるかもしれません。その結果、傷ついて、がっかりさせられるかもしれません。それでも、何度も繰り返せるのは本当に「やりたいこと」だけなのだと言うことです。「やりたいこと」だから、受け入れられるまでプレゼンし続けられるのです。

もちろん、最初から人々に受け入れられるような企画にしてすんなり企画を通す方法もあると思います。マーケットを調査し、ニーズを割り出し、出資者の利益となるように。。。でも、それがクリエイターと呼ばれる人々のやるべきこと全てだとはとても思えません。新しい価値観、新しい表現は、新しいマーケットを作り出し、新しいニーズを呼び世界で通用する物となると思います。今までの名作と呼ばれる作品の多くがそうでした。まぁ、続編やスピンオフの作品はマーケティングの結果といえるかも知れませんが。。。。とにかく過去の名作にも通じる要素を「世界一」のオリジナル作品の中で笹原さんは含めているんだと思いました。

以上のようなことが、「笹原和也のザ・ワールド・イズ・マイン」ではいろいろまとめられています。これを読むと笹原さんがどのように社内で振る舞っているか読み取れてきます。今回は、ボクが感じた事を書かせて頂きましたが、読む方によってその感想は様々だと思います。各自読んでみて交流会で感想など笹原さんと話してみてはいかがでしょう。

cn09イメージ

「世界一!」セミナーの前に予習しよう「Cat Shit one 」

今回のセミナータイトル長いので、「世界一!」にしちゃいましたw
さて、セミナー前の予習として、いつものように予習しましょう。
最初に取り上げたいのは、笹原さん最後のアニマ作品となりVES AWARDにもノミネートされた「キャットシットワン」です。この作品、原作の劇画があるのですが原作者の小林源文さんは、ホント渋いミリタリー物を描く方で、ホビージャパンやモデルグラフィックスを買ってた中学生の頃は、よく分かってないけどよく読んでました。

その小林源文さんの人気シリーズ「Cat Shit One」をアニメ化したのが同作品です。ただ、ストーリーは、劇画版と異なり完全オリジナルで、舞台は中東で人質救出に向かうバッキーとボタスキーのお話しです。しかし、この二人カワイイウサギなのです。劇画でもカワイかったですが、アニメ版はCGでモフモフ感たっぷりです。そして、もふもふウサギがバスバス敵を撃ちまくります。そのアクションのリアルなことリアルなこと。
もう後は実際に見てもらって笹原さんこだわりの演出とアニマのCGスタッフの腕の良さを見てもらいたいです。笹原さんのアクション実演やCG制作の解説などおまけの映像もたくさん収録されていますので、DVD/BDをご覧ください。

あっ。もちろんDVDのレンタルもアリますので、借りてみるのもアリです。
そしてなんと、「キャットシットワンTSUTAYAのレンタルDVD2012年年間ランキングアニメ部門で17位を獲得しました。映画ドラえもんとスターシップトルーパーズに挟まれて堂々のランクイン!
ランキングを見てもらうと、どれも劇場公開された作品ばかりで、CGスタジオのオリジナル企画で自主制作、おまけに短編作品と不利な条件はねのけて作品の質だけで勝負してこの順位は、快挙だと思います。この事からもこの作品の実力がうかがえると思います。見てない方はぜひご覧ください。

キャットシットワン」の監督笹原和也さんの沖縄でのセミナー「Creators Night vol.9 笹原和也の世界一になるアニメーション企画演出術講演」参加受付中です!

 

 

Creators Night vol.9 「笹原和也の世界一になる アニメーション企画演出術」開催!

皆さんお待たせしました。第9回目となるCreators Night 「笹原和也の世界一になる アニメーション企画演出術」を、5月18日土曜日17時半より北谷町のコワーキングスペース「Creators Residence」にて開催いたします。

注目のゲストスピーカーは、株式会社ILCA のディレクター 笹原和也氏です。

笹原和也氏は、1995 年ソニー・ミュージックエンタテインメント主催のデジタル・エンタテインメント・プログラムでベストアワード受賞以降、自身のCGスタジオ 笹原組(現 株式会社アニマ)を立ち上げ、ゲーム、アニメ、映画などエンターテインメントの分野で演出・監督として活躍していました。

また、アニマ塾を開催しCG クリエイターを志す若者にアニメーションやCG の基本を指導するなど後進の育成にも努め多くのCG クリエイターを輩出してきました。2010 年笹原氏自身が監督したCAT SHIT ONE -the animated series -がVES(全米視覚効果協会)アワードにノミネートされました。その後、作品製作に専念するため経営者として関わるアニマを離れ、株式会社ILCA にディレクターとして移籍されました。移籍以降、世界一のアニメーション作品を作るべく日々奮闘を繰り返す毎日です。

今回のCreators Night では、世界一の作品を目指す笹原氏の世界一になるためのアニメーション企画演出術についておはなしいただきます。自身で作品を企画制作する、監督を目指す方にとっては、必見の内容です。

また、今回のCreators Nightは、これまでのセミナー後、居酒屋で開催していた懇親会を、セミナー会場で行うこととし、未成年者の方が参加しても問題無いようアルコールなどの提供を行わないことにしました。会場内にある「もちコーヒィ」の美味しいコーヒーを片手に、皆様とお話しできればと思います。

ILCA 笹原和也氏近影
セミナータイトル:Creators Night vol.9
「笹原和也の世界一になるアニメーション企画演出術」
催日:2013 年5 月18 日(土)
時間:17:45(17:30 受付開始 20:30 終了)
会場:北谷町 コワーキングスペース「Creators Residence」
セミナー受講料:1,500円( ワンドリンク・軽食付き)
受講料は、会場にていただきます。お支払い時にセミナー会場内にある「もちコーヒィ」のドリンクチケットをお渡しいたしますので、交流会の際にドリンクと交換していただけます。

 

お申し込みはこちら

Creators Night vol.6 7月20日開催!

Creators Night vol.6 「デジタルノイズ スマホアプリ アートディレクション」を、7月20日18時半で沖縄県立博物館・美術館 講座室にて開催いたします。

今回のゲストスピーカーは、デジタルノイズ代表のコレサワシゲユキ氏です。コレサワシゲユキ氏は、アニメ制作に多く携わっていらっしゃいますが、今年 北米を中心にサービスを展開するiPhone およびAndroid 向けのアニソンカラオケアプリ「KARAOKE MA’STAR」開発に参加しアートディレクションを担当されました。

今回のCreators Night vol.6 では、スマフォアプリ開発におけるアートディレクションの手法についてお話し頂きます。日本各地にいるイラストレーターを束ねキービジュアルを元に仕事を発注していく手法は、ここ沖縄でも生かせると考えています。

スマホアプリとは言え、アニソンカラオケですから、単純にプログラムが出来ればOKと言うわけではありません。アニメの楽曲やキャラクターの版権などなど様々な要素が加わってくるコンテンツアプリです。

イラストレーターの方は、遠隔地でのプロジェクト参加の進行具合について、アプリ開発されている方は、イラストや楽曲の使用許諾について、遠隔地のイラストレーターとの打ち合わせ等々。アプリ開発とは言え、プログラムが出来ればOKな案件だけでは無いはずです。

アプリ開発におけるアートディレクションとはどんなお仕事なのか、この機会に学んでいただければと思います。

また、今回もセミナー終了後は、登壇者の方と懇親会を近くの居酒屋にて行います。

セミナーだけでは分からなかった事を聞くのはもちろんですけど、皆さん自身の仕事の売り込みだったり、マニアックな独自の開発環境開発について、クライアントについて、とてもじゃないけど人前では講師の方も話せないことはたくさんあります。ぜひ、懇親会を利用してより深い知識を得てください。

【イベント概要】

Creators Night vol.6
デジタルノイズ スマホアプリ アートディレクション

日時:2012年7月20日金曜日 18:30 講演スタート(18:15受け付け開始)
場所:沖縄県立博物館・美術館 講座室(入り口から入って右側。前回とは異なる講座室になりますのでご注意ください)

セミナー参加費:1,000円(受付時にお支払いください。)(懇親会参加費は、3,500円程度を予定しております。)

コレサワシゲユキ氏イメージ【コレサワシゲユキ氏プロフィール】
有限会社デジタルノイズ代表取締役社長
デザイナー・テクニカルアドバイザー・教育開発アドバイザーなど、 多方面で活躍。デジタルコミック黎明期に色トレスという手法を導入し、インターネット上に公開。多くのマンガ家に支持される。マンガ家へのデジタル導入アドバイスやデジタルコミック技術の研究開発を主とした有限会社デジタルノイズの代表取締役。本年は「ヨルムンガンド」「この中に1人、妹がいる!」「デュエル・マスターズ ビクトリーV」「シュタインズ・ゲート」などの作品でプロップデザインとして参加している。
デジタルノイズホームページ

受け付けは終了しました。