ヨコオタロウの「ゲームとシナリオの話」セミナー開催しました。

8月24日土曜日 18時から那覇のtab’spotにて10回目のCreators Night ヨコオタロウの「ゲームとシナリオの話」を開催しました。


今回のセミナー会場は、カフェ tab'spotです。

今回も、前回同様カフェで開催したので、飲物片手にのんびりとした雰囲気でセミナーを行いました。


ヨコオさんのセミナー開始です

いよいよセミナー開始。ヨコオさんは、顔出しNGなので、伏せさせていただいております。
けど、なんだかよけいに目立っちゃいますねw


シナリオの構成要素をレイヤーの重なりで表現

セミナーの内容は(ポイント、コメントは、ボクが独自に感じた事でヨコオさんのチェックは受けていません)

  1. ゲーム独特のストーリーの展開について
    ゲームは、映画や、小説と異なりいろいろな制限がある
  2. 感動の解体・解釈
    なぜ、物語を聞いて人は心が動かされるのか
  3. ストーリーを体験する事
    プレーヤー・視聴者にとって、現在プレーまたは放送されている話が過去の積み重ねで最大であり全てである。
  4. 設定が分かる瞬間
    プレーヤーは、キャラクターの設定について当初分からない。キャラクターの行動を共に体験することで設定を理解する
  5. 人は物語をレイヤーで解釈する
    「コンセプト」「構造」「演出」この3つで物語を解釈し、物語はこの3つを行き来して展開する
  6. 他者を考える
    どういう人がプレーするのか想像してみる。しかし、一度想像しただけでは足りない。想像を拡張していく

以上のような内容で講演は進みました。いろいろな要素を積み重ねることで心を動かすゲームができる訳なのですね。
そしてポイントとしては、必ず受け手を意識して、ストーリーを積み重ねている点。そのためにストーリーを展開し、伝える、それが人にどう作用するか意識する。このようなことを念頭に置いてヨコオさんはゲームを作っているような印象を受けました。


プレゼンにチョイチョイ現れるイラストかなりカワイイです

プレゼンにチョイチョイ登場するキャラクターのイラストがかなりカワイイです。それもそのはず、バンダイナムコの「太鼓の達人」キャラクターデザインをされている奥様の横尾有希子さんがデザインされたキャラクターです。
このキャラクター達がいるだけで、プレゼンをわかりやすくしてくれます。

今回使用されたPDFを公開します。
CN10 スライドPDF


セミナーの後は、おなじみ懇親会です


さすが!ヨコオさんのゲームのファンの方はゲームのパッケージ持参でイラストを描いてもらっています。

セミナーの後は、近くの居酒屋へ移動して懇親会です。
今回初めて懇親会に参加された方がほとんどでしたが、みんなヨコオさんのゲームファンの方ばかり。
すぐに打ち解け、深夜まで。そして二次会へと続いていきました。

セミナー前の予習「ゲーム業界面接事情 面接官編」を読む

ゲーム業界面接事情 面接官編

今回の予習も前回同様ヨコオさんのブログを取り上げたいと思います。今回取り上げたテーマは、「ゲーム業界の面接」についてです。

ゲーム業界面接事情 面接官編

まず前半部分で、ヨコオさんは例として何でもできてイケメンのスーパーマンがなぜ就職出来ないのか、検証を行っています。

そして、おそらく面接の真実をあきらかにします。とはいえ、これは企業の立場に立てば至極もっともな(それ故に今回面接官編と言うことだと思いますが)事なのですが

面接の場というのは貴方のアピールする場ではありません。
面接官の好みに合致しているかどうかを調べる場です

これは、ホント真実です。就職本にはいろいろ書いてあるとは思いますが、企業にとって面接とはこう言うことなのです。
ここでも、前回のシナリオ課題の担当者同様、面接官も100% あなたの能力を見極めることはできないと言う意見は揺るぎません。

じゃぁ、どうすれば良いのかと言うことも今回はちゃんとヨコオさんは書いてくれています。それは、面接を受ける側は、面接官に話を合わせることが、戦略的に重要であると書かれています。

もちろん、面接は会話と違い、話を合わせようにもかならず相手が自分の話に相槌を打ったり、さらに質問してくる訳では無いので、容易ではありません。話しながら面接官が興味のありそうな話題はなるべくその話題を続ける事で、相手に合わせていくのです。もし、相手が自分の話をあまり理解していないのであれば、さらにかみ砕いて話していきます。

これが、面接における必勝法であるとしています。
ホントこれができれば、最強だと思います。たとえ一度の面接がダメでもきっとどこか受かるはずです。何故最強なのに落ちると書くかと言えば、それはブログのスーパーマンの話です。

あと、個人的に付け加えるのであれば、話はあくまでも正直に、ありのまま自分の言葉で答えるようにすることです。
今回の最強の技はいうなればアドリブで、話を瞬時に展開または収束させていく必要があり、ウソや自分が普段話していない言葉を交えて話すとそのうちボロが出ちゃう危険があるからです。それだけは絶対避けたいところです。
もちろん、バカ正直に自分に不利になるようなことも正直に話せと言っているわけではありません。ウソつくぐらいなら、言わないで別のことを話した方がイイと言うことです。その辺はぜひ誤解の無きようご注意ください。

そして、その後は「ゲーム業界面接事情 受験生編」へと続きます。ぜひこちらも合わせてご覧ください。

セミナー前に予習しよう!「ブログで読むヨコオ流ゲームシナリオ術」

ブログで読むヨコオ流シナリオ術 タイトル画像

 

今回の予習では、ヨコオさんのアメブロ「ヨコオタロウの日記」で公開しているエントリーの中から、今回のセミナーのテーマでもあるシナリオについて予習してみましょう。

ヨコオさんはブログでいくつか、シナリオについて書いていますがその中でも、実際にブログの読者の方からとどいた「企業側がシナリオライターに関する書類選考の際に想定しているシナリオ資料とは果たしてどのような物でしょうか?」という質問に対しての回答の記事を今回取り上げたいと思います。

きっと、質問された方は、学生の方、または求職中の方なんでしょうが、確かに困りますよね。特に未経験であれば、なおさら何を書けば良いのか分かりません。試しに、ゲームのシナリオライターの求人をいろいろ見てみました。ほとんど経験者の求人ばかりでしたが、中には、未経験でもOKな求人もあるようです。しかし、審査の過程でシナリオ課題(1,500文字〜2,000文字)の提出があるところもありました。経験者ばかり優遇される狭き門に、シナリオ1本で就職するからには、シナリオ課題攻略は大変重要そうです。

ゲームのシナリオライターになる方法(前編)|ヨコオタロウの日記

ここでは、実際に選考する側の人物像について触れています。「いくらシナリオがよいできでも、見る側がプロじゃない場合も多く、素人同然の人かも。。。落ちたら、気にせず忘れて次にイケ」とあります。

結構スゴいことが書かれていていますが、これって真実だと思うんですよね。
完璧なシナリオがないように、選考側も完璧な人ではないわけで、後から伸びていく可能性なんて正確に分かるはずもなく、結局主観で合否を決めちゃうわけです。じゃぁしかたがないから自分の作品と合う人が見つかるまで投稿するしかないということになると思います。

この辺なんだか、林真理子さんの就活時に40社以上落とされたエピソードを思い出します。応募者の可能性を正確に見抜ける人なんていないのです。

ゲームのシナリオライターになる方法(中編)|ヨコオタロウの日記

ここでは、誰がゲームシナリオを書いているか分析しています。それぞれのカテゴリーの人について解説を行い、どのジャンルのゲームを自分が志すかでシナリオライターへの道も異なってくるとあります。ゲーム会社によって、求められる人材が違うので、提出する資料もそれに合わせて変化させていく必要があるのです。
この事は、自分が就職したい会社へのコネが大事であると意味しています。その制作会社のプランナーがどんな人で、これまでどのようなシナリオライターが採用されていたか知ることは大変重要です。そういう意味でも沖縄で開催するCreators Night の懇親会で、制作会社の雰囲気や、どんな人がいるのか情報を知ることは大変有効だと思います。(ちょっと宣伝ですw)

ゲームのシナリオライターになる方法(後編)|ヨコオタロウの日記

シナリオ資料を作る上で3つのポイントを上げています。

  1. 相手
    相手が求める事を想像してみること。受け手のことを考える事は職業作家として大切な能力である
  2. おもしろさのレイヤー
    人が面白いと感じることには、レイヤーがあって、それぞれのレイヤーを体験することによって人はそのコンテンツのおもしろさを理解できる
  3. アピールする部分
    全てを面白く説明することは難しい。概略を書けと言われて、物語の要約する事に腐心して、肝心のおもしろさを盛り込まなければ何にもならない。セリフが大事であれば、セリフを、キャラクターであればキャラクターの魅力について
    概略とは物語の要約では無く、伝わるようにまとめて書くことである。
    幕の内弁当では無く、イカめし、焼肉弁当を目指せ

このようなことが書かれている。この章でも大事なことは、受け手に合わせて書くと言うこと。どんな人が読んで、その人が理解できるように段階を踏んで説明し、自分がその人に伝えたい要素をきちんと書く

一通り読んでみると、とにもかくにも、受け手のことを考えると言うことですね。そして、自分なりにシナリオの分析を行いアピールポイントを導き出すのが重要みたいですね。

今日セミナーの内容についてメモをいただいたのですが、シナリオについてより詳しく触れています。ゲームシステムの仕様とのすりあわせや、キャラクターについて、「面白い」「感動」とは、体験のデザインとは等々

ブログよりもより深いところまでおはなしいただけそうです。ぜひ今回の予習を踏まえてセミナー本番に挑んでもらえればと思います。

 

 

ヨコオさんが登壇する Creators Night vol.10 ヨコオタロウの「ゲームとシナリオの話」まだまだ参加受付中です。

Creators Night vol.10 ヨコオタロウの「ゲームとシナリオの話」
開催日:2013年8月24日土曜日
時間:18時〜20時(17時半入場開始)
セミナー受講料:2時間フリードリンク付き
当日:1,600円 / 前売:1,400円 / 学割:1300円
(学割も事前お申し込みが必要です。お申し込み後、支払いの際に会場にて学生証の提示をお願いします)
会場:Tab’spot タブポット
沖縄県那覇市西1-12-19

お申し込みはこちら

セミナー前に予習しよう「インタビューズ」「電撃オンライン『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズ居酒屋座談会」

予習第三弾は、ヨコオさんについて予習してみましょう

まずご紹介するのが、WEBサービスの「ザ・インタビューズ」のヨコオさんのインタビューです。ザ・インタビューズは、登録されている方達に自由に質問(インタビュー)をすることができるサービスです。さすがヨコオさん224件の質問に答えていて、質問者が200名超えています。その人気うらやましい限りですw

膨大なインタビューの中からボクの気になった物をいくつかご紹介します。

「物語が上手く組み上がらない」と言う質問に対しての回答
ヨコオさん自身も、全く上手く書けないと答えているのですが、クリエイティブについて「つまらない」と「オモシロい」についての心構えを伝える事により問題を打開する事ができると答えています。

この質問は、スイッチはいらないけどどうしたら?と言う質問ですが、その質問に対してヨコオさんは。。。

これは結構シリアスな問題です。その質問に対してヨコオさんは真摯に答えています。

カッコイイ主義、モテたい願望とは モテたいと言うことは下世話なことでは無く、美学なんだと思った

ヨコオさんの考える売れるゲームとは!

ゲームを作るコツとは?ゲームというくくりだけではなく、結構何にでも使えるコツなんじゃないかなと思います。

読者が投稿してきた企画書をヨコオタロウさんが添削

気になったのは、以上の物でしょうか。他にも様々な質問に対してヨコオさんは、回答しています。
なかにはエロすぎてご紹介できない内容の物もアリますが(笑)、ヨコオさんの考え方を知る参考になります。

もう一つ
前回も取り上げましたが電撃オンラインの記事「『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズ居酒屋座談会 with ヨコオタロウ on 仏滅。聖地・新宿で語られる『DOD』ぶっちゃけトーク」です。
こちらは、インタビューとは異なるのですが、ヨコオさんはじめ制作スタッフの制作裏話が赤裸々に書かれています。
全部で6万字を超える記事。かなり読み応えがアリますが、ヨコオさんだけでなく、一緒に制作されているディレクターや、スクエアエニックスの宣伝部の方からのお話も合わせて聞くことでヨコオさんのキャラクターがよりわかりやすくなるのではないかと思います。

今回ザ・インタビューズを古い記事までさかのぼって読み返してみましたが、ヨコオさんの回答かなり面白いです。一筋縄では無いというか、ひねくれた答えだとは思わないのですが、目の付け所が人とは違うと言いますか、結構参考になることを軽快なエロい文章と一緒に書かれてます。
全部ヨメとは言いませんが、時間の許す限り読んでみてください。きっと皆さんの心に届く文章も有ると思います。

ヨコオさんが登壇する Creators Night vol.10 ヨコオタロウの「ゲームとシナリオの話」まだまだ参加受付中です。

Creators Night vol.10 ヨコオタロウの「ゲームとシナリオの話」
開催日:2013年8月24日土曜日
時間:18時〜20時(17時半入場開始)
セミナー受講料:2時間フリードリンク付き
当日:1,600円 / 前売:1,400円 / 学割:1300円
(学割も事前お申し込みが必要です。お申し込み後、支払いの際に会場にて学生証の提示をお願いします)
会場:Tab’spot タブポット
沖縄県那覇市西1-12-19

お申し込みはこちら

セミナー前に予習しよう!電撃オンラインの初代「ドラッグ オン ドラグーン」を振り返る

まずは、ヨコオさんの代表シリーズとなったスクエアエニックスのPS2用ゲーム「ドラッグオンドラグーン」から触れてみるのもいいと思い、ゲーム情報サイト「電撃オンライン」で、紹介されている「初代『ドラッグ オン ドラグーン』が秘めた狂気の深淵を暴く――10年前、プレイヤーに絶望と歓喜を与えた問題作の根源とは?」をご紹介。

ぱっと見、フツーのファンタジー系のテイストで戦国無双とシューティングが合体したようなRPGの印象ですが、登場人物達の紹介やゲーム画面などを見る限りどうやら普通じゃなさそうな雰囲気にあふれてます。そして、主人公の声が池畑慎之介さんこと、ピーターさんだし、唐沢寿明さん声優として登場しているし声優陣もすごく豪華です。

王道ファンタジーに屈折した主人公達とそれを演じる声優陣、そして狂気のストーリー展開

これらが組み合わさって出来た「ドラッグオンドラグーン」の世界観が魅力みたいですね。アマゾンの評価では、このゲームのことをクソゲーや鬱ゲーなど酷い言われようですが、アンチがいるという事はその分、熱烈なファンもものすごく存在するのはこの世の常識で、だからこそ10年経っても新作が発売され、過去にシリーズで4本のゲーム、現在連載中の2本のマンガ、CDドラマ、ノベライズと多くのメディア展開していることからも、ドラッグオンドラグーンの世界観が支持されていることがうかがえます。

また、海外のファンから「ドラッグオンドラグーン3」インターナショナル版のリリースの嘆願ツイートがヨコオタロウさん宛に届いていますし、ドラッグオンドラグーンの世界観は世界中で受け入れられているみたいです。

はたして、こんな話を作っちゃうヨコオさんどんな人なのか!
メディアもヨコオさんをほっとかないようで、インタビュー記事も多くネットで公開されています。次回は、ヨコオタロウさんのインタビュー記事をご紹介したいと思います。

Creators Night vol.10 まだまだ、席に余裕がアリますが、当日よりも前売りでの購入がお得ですので、お申し込みはお早めに。また学割も事前お申し込みが必要となりますので、学生の皆様もご登録はお早めにお願いします。

お申し込みはこちら

参考サイト:
初代『ドラッグ オン ドラグーン』が秘めた狂気の深淵を暴く――10年前、プレイヤーに絶望と歓喜を与えた問題作の根源とは?

セミナー前に予習しよう!「ドラッグオンドラグーン3」PV

Creators Night vol.10で登壇されるヨコオタロウさんがクリエイティブディレクターとして参加されているPS3タイトル「ドラッグオンドラグーン3
今年10月31日の発売直前と言うことで、情報もいくつか出てきています。今回は、7月1日に公開されたプロモーションビデオ第一弾をご紹介します。

なんだか、導入部分の「ウタウタイ」がもたらした平和な感じと、最後の「ウタウタイ」同士が殺し合う事になっちゃうのは何故?なのですが。
その辺どう持って行くかがヨコオさんのシナリオメイキングなのでしょうね。今回のセミナーでは直接ドラッグオンドラグーンのシナリオについては触れないそうですが、ヨコオ流のテクニックを聞いてゲーム発売までの間、ストーリーを想像するのも楽しそうです。

そうそう、このPV前半の紙芝居のようなパタパタアニメの箇所はCreators Nightではおなじみ水崎さんの「神風動画」制作だそうです。ゲーム本編のCGもクオリティ高そうですし期待大です!

スクエアエニックス ドラッグオンドラグーン3公式サイト

Creators Night vol.10 まだまだ、席に余裕がアリますが、当日よりも前売りでの購入がお得ですので、お申し込みはお早めに。また学割も事前お申し込みが必要となりますので、学生の皆様もご登録はお早めにお願いします。

お申し込みはこちら

7月9日にショートバージョンも公開されていましたね。Youtureの動画広告にはこちらが使われていますね。

8月24日 Creators Night vol.10 ヨコオタロウの「ゲームとシナリオの話」開催!

8月24日土曜日 那覇市西にあるビジネスカフェ tab’spotにて、第10回 Creators Night ヨコオタロウの「ゲームとシナリオの話」を開催します。

ヨコオタロウ氏は、1994年にナムコ(現バンダイナムコゲームス)にCGデザイナーとして入社後、ソニーコンピュータエンタテインメント、キャビア(現マーベラスAQL)ゲーム制作会社にてディレクター・デザイナー・映像制作など多くの職種で活躍された後、現在は無職として組織に縛られず活動範囲を広げ、映像やゲームのディレクション、世界観設定やシナリオ作成に携わっています。代表作は『ドラッグ・オン・ドラグーン』シリーズ『ニーアゲシュタルト/レプリカント』。2013年に発売予定の『ドラッグ・オン・ドラグーン 3』にクリエイティブディレクターとして参加しています。

Creators Night vol.10 では、ヨコオ流ゲーム製作術「ゲームとシナリオの話」をしていただきます。

セミナー受講料には、セミナー中のフリードリンクが含まれております。ドリンクを片手にリラックスしてセミナーをお聞きいただければと思います。
また今回から会場にて受講料をお支払いいただく、当日チケットの他に、お安い前売りと、学生割引もご用意いたしました。ぜひご利用ください。

ヨコオタロウ氏近影
【セミナー概要】
タイトル:Creators Night vol.10 ヨコオタロウの「ゲームとシナリオの話」
開催日:2013年8月24日土曜日
時間:18時〜20時(17時半入場開始)
セミナー受講料:2時間フリードリンク付き
当日:1,600円 / 前売:1,400円 / 学割:1300円
(学割も事前お申し込みが必要です。お申し込み後、支払いの際に会場にて学生証の提示をお願いします)
会場:Tab’spot タブポット
沖縄県那覇市西1-12-19

お申し込みはこちら

【セミナー会場】
Tab’spot タブポット

大きな地図で見る