うっかりペネロペメイキングセミナー開催しました。


公演中の白組 河村氏

3月20日第11回目となるCreators Night 「うっかりペネロペ」メイキングセミナーを開催しました。
おそらく滅多に見られないフランス語版の「ペネロペ」パイロット版に始まり、今回の「うっかりペネロペ」第三シーズンは、白組だけでなく、たのアニメーション制作会社との連携が重要のため、ペネロペ制作についての作法や、資料の共有方法がお話しされました。また、プロデューサー 田中尚美氏、CGディレクター ネフトフィルム 沼口氏ウサギ王 うもとゆーじ氏へのインタビューがCGWORLDのCreative Confarence の時と比べて今回のセミナーのために新しく収録されてました。

最後は、KAWAMURA SELECTIONとめいうち第3シリーズで放送された「うっかりペネロペ」を河村さんが解説されました。NGとなった理由と、NGカットと修正後、自身がお気に入りのシーンなどをについてお話しされました。

特に面白いなと感じたのは、ペネロペはジェンダーフリーの観点から女の子だけど青色の体だったりしますが、同様に失敗したから頭をポリポリかくと言ったお約束のジェスチャーもNGとしていることです。ペネロペの世界(またはペネロペの振るまい)は大人のまたは既成のお約束はありません。あくまでもお話しの中で自然に成長し学習した結果がアニメーションとして表現されるべきで、頭ポリポリや、お母さんはフリフリのエプロンを着たりしません。太ってるから食いしん坊だったり、メガネかけていたら賢いと言う人格を見た目で表現することもありません。このようなことを徹底させるのは、さすがフランスの作家さんだなと感じました。逆に犬のストロンボリ顔のブチは左でも右でもどっちでもイイという何ともおおらかなところもあると聞くと、さらにキャラクターの人格的描写へのこだわりを余計に感じました。

当初20時終了で講演時間1時間半の予定が20時30分、2時間たっぷりお話しいただきかなり見応えのある内容でした。また、今回たまたま沖縄に来ていた神風動画の水崎さんも一緒にご登壇いただき、河村さんに質問したり補足していただいたり、かなり充実したセミナーになったんじゃないかと思います。


懇親会会場で記念写真


一見カフェ実は魚屋さんの2階ですw

そしておなじみ、セミナー修了後の懇親会へ
今回の懇親会は、沖縄国際映画祭に来ていた、社団法人VFX-JAPANの代表で4Dブレインの秋山氏と、CMディレクターの尾小山氏、そして京楽ピクチャーズ様も合流されて、沖縄のクリエイター達と濃い話で盛り上がり、2次会へ突入。


初めて会ってもみんな仲良し


混雑したバーのあちこちでクリエイター達が語り合います。

久しぶりのセミナーで、ちょっと心配していたのですが、常連の皆様のおかげもあって、無事楽しく開催する事が出来ました。

次回は、5月31日にキャラクターメイキングセミナーを開催します。
4月に入ったらすぐに告知開始出来るよう現在準備中です。ちょっとお待ちください!

ペネロペセミナーちらしが出来ました

Creators Night vol.11 ペネロペメイキングセミナーチラシ

Creators Night vol.11のチラシが完成しました。
たぶん、今までのどのチラシよりもカワイイ物になりました。

今日さっそく、いつもお世話になっている学校に配りに行きました。

設置していただいているのは

学校法人KBC学園専修学校インターナショナルデザインアカデミー
学校法人KBC学園専修学校国際電子ビジネス専門学校

専門学校ITカレッジ沖縄

ヒューマンアカデミー 那覇校

沖縄県立芸術大学

桜坂劇場

宮脇書店 那覇国際通り店

さらに、宮脇書店 那覇国際通り店様は、ペネロペ10周年として、ペネロペ特設コーナーも用意されているので、絵本やぬいぐるみ、グッズなども手にとってご覧いただく事も出来ますので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

「うっかりペネロペ」メイキングセミナー Creators Night vol.11

Creators Night は、デジタルコンテンツ制作者向けのセミナー&懇親会イベントです。毎回ゲストスピーカーをお招きし沖縄県内のデジタルコンテンツ制作者へ最新のコテンツ制作情報を提供しております。Creators Night vol.11 ゲストスピーカーは、株式会社白組の河村友宏氏です。河村氏が昨年演出として制作に参加した「うっかりペネロペ」のメイキングについてお話しいただきます。

「うっかりペネロペ」は、「リサとガスパール」の作者ゲオルグ・ハレンスレーベンと、アン・グットマンによって2003年に描かれた絵本「ペネロペ(Penelope)」を原作としており、2006年に日本でフル3DCGアニメーションとしてうっかりペネロペ製作委員会(NHKエンタープライズ/日本アニメーション/白組)により制作、株式会社白組はアニメーション制作全般を担当しています。

「うっかりペネロペ」は、第11回文化庁メディア芸術祭(2007年)のアニメーション部門にて優秀作品受賞を始め、日本映画テレビ技術協会・映像技術賞(2006年)、アヌシー国際アニメーション映画祭(フランス)公式セレクション作品に選ばれるなど、高い芸術性と技術が評価された作品です。

2013年 ペネロペ原作絵本誕生10周年を記念し、2009年以来4年ぶりに第3シリーズが制作されました。前作同様に白組がアニメーション制作を担当しました。しかし、第1シリーズより7年も経ち、制作スタッフの入れ替えや、CG、合成ソフトのバージョンアップによる出力結果の違いなど多くの問題が本作の制作を通して生じました。それでも、河村氏をトップに白組のペネロペチームは、問題を解決し多くの協力会社をとりまとめ、本作は制作されました。今回のメイキングでは、全編3DCGで制作された「うっかりペネロペ」の制作手法や、その演出法、そして制作過程のコミュニケーションや必要な書類の用意など、長期にわたる人気作品を手がけたスタジオにしかない手法についてお話しいただきます。。

河村友宏氏近影河村友宏氏について
桑沢デザイン研究所を卒業後、映像制作会社「白組」に入社。第3シリーズより、「うっかりペネロペ」の演出を務めています。

白組について
株式会社白組は、実写・アニメーションの企画制作会社。「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズや「永遠の0」、「Friends もののけ島のナキ」など多くの話題の邦画作品を手がけ、現在日本を代表する映像制作スタジオです。

【セミナー概要】
タイトル:Creators Night vol.11 「うっかりペネロペ」メイキングセミナー
開催日:2014年3月20日木曜日
時間:18時半〜20時(18時15分入場開始)
セミナー受講料:当日:1,800円 / 前売:1,500円 / 学割:1,000円 / 12才以下の小学生無料
(学割も事前お申し込みが必要です。お申し込み後、支払いの際に会場にて学生証の提示をお願いします)
会場:那覇市てんぶす館 3階 会議室
沖縄県那覇市牧志3丁目2番10号

お申し込みはこちら

【セミナー会場】
那覇市てんぶす館

大きな地図で見る

白組セミナーの前に予習しよう「もやしもん」

予習シリーズ第三弾は、「もやしもん」です。「もやしもん」は、イブニングに連載されているマンガで、2007年にアニメ「もやしもん」が放送され、2010年にドラマ「もやしもん」、そして今年2012年に「もやしもんリターンズ」がついこの間まで放映されいましたが、その全てに田中さんはプロデューサーとして関わっています。

「もやしもん」と言えば、かもしてる細菌ですが、3Dで制作されているし、オープニングやエンディングのクレイアニメや実写合成などアニメだけでなく映像全般を得意としている白組の実力をまんべんなく見ることが出来る作品だと思います。

個人的には、ドラマ版のキャスティングは、ほんとにマンガみたいでびっくりしてます。笑い飯は西田。。。
とか書こうと思ったら、どうやら作者の方も認めているみたいですねw(Wikipedia 笑い飯 西田より
しかしそれだけでなく、長谷川役の加藤夏希さんや、及川役のはねゆりさんなんかもかなり似ていたと思っていて、ドラマ版もお気に入りだったりします。DVDも出ていますので、ぜひご覧ください。

 

うっかりペネロペ オフィシャルサイト 
ドラマもやしもん オフィシャルサイト
もやしもんリターンズ オフィシャルサイト

 

DVDの紹介(AMAZON)
 
 

Creators Night vol.8 「白組作品プロデュースして魅せます」セミナー 参加受付中

白組セミナーの前に予習しよう!「うっかりペネロペ」

田中さんが手がけた作品として、今回取り上げるのが、「リサとガスパール」の絵本の作者ゲオルグ・ハレンスレーベンアン・グットマン夫妻の絵本シリーズ「うっかりペネロペ」です。

こちらは、2006年、2009年とNHKで放映されたのですが、全て3DCGでありながら絵本のタッチでアニメーションする表現は当時大変珍しく、日本映画テレビ技術協会・映像技術賞、文化庁メディア芸術祭で優秀賞、フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭 TVアニメーション部門で入選するなど多くの賞を受賞していることからも作品とその表現力が高く評価されていることが分かると思います。

まだご覧になったことない方は、ぜひ一度見てみることをオススメします。

 

うっかりペネロペ オフィシャルサイト 
うっかりペネロペ白組作品紹介サイト

 

DVDの紹介(AMAZON)
 

Creators Night vol.8 「白組作品プロデュースして魅せます」セミナー 参加受付中

白組セミナー前に予習しよう!「CUBE」

さてさて、「白組作品プロデュースして魅せます」セミナーが、近づいてきました。いつものようにセミナー前の予習を行いましょう!というわけで、まず最初に取り上げるのが、田中尚美さんが白組に入社される前に行った仕事として、映画「CUBE」を取り上げます。

この映画「CUBE」は、田中さんがクロックワークスに在籍されたときに、配給宣伝プロデューサーとして担当された作品です。日本では1998年に公開された作品です。

とにかくこの作品始終緊張しっぱなしです。いきなり白い箱の部屋に放り込まれた人たち、9面どれも扉のようになっているが、うかつに進むといきなり「シャキーン」っとあっさり死んじゃいます。こんなシチュエーションだけでなく、周りの色や緊張した人物の表情などとにかくよくデザインされた映像です。公開当時は低予算と言うことで話題にもなりましたが、この緊張感がこの映像で味わえるのであれば、それが適正な予算なんだと思っちゃいます。

本作の大ヒットで2作品作られましたが、個人的にはこの作品の衝撃にはかなわないと思います。ご覧になってない方はぜひこの機会にご覧ください。

 

Creators Night vol.8 「白組作品プロデュースして魅せます」セミナー参加受付中

Creators Night vol.8 「白組作品プロデュースして魅せます」セミナー開催!

本セミナーは、開催を中止させていただく事となりました。

楽しみにしていた皆様申し訳ございません。中止理由などの詳細は下記URLをご覧ください。

Creators Night vol.8 白組セミナー開催中止のお知らせ

Creators Night vol.8 ゲストスピーカーは、白組 企画開発事業部チーフプロデューサーの田中尚美氏です。

「friends もののけ島のナキ」「SPACE BATTLESHIP ヤマト」、「ALWAYS 三丁目の夕日」など日本映画を席巻した話題作だけでなく、「もやしもん」「うっかりペネロペ」「トミカヒーローレスキューシリーズ」などのTV シリーズ、CM、ゲームなど多くの映像作品を手がける映像制作スタジオ白組。田中尚美さんは、その白組の企画開発事業部にてチーフプロデューサーとして作品の企画・制作を行っています。

今回のCreators Night vol.8 では、ヒット作を生み出すスタジオ「白組」の作品プロデュース術をお話ししていただきます。

【イベント情報】
Creators Night vol.8
「白組作品プロデュースして魅せます」セミナー

開催日:2012 年11 月14 日(水)
時間:19 時00 分(18 時45 分受付開始)
会場:那覇市てんぶす館 てんぶすホール
セミナー受講料:1,000 円

【田中尚美 氏 プロフィール】
株式会社白組 チーフプロデューサー。クロックワークスにて「CUBE」などの海外映画の国内配給、メディアファクトリーで邦画の制作を経て、2003 年白組入社。「うっかりペネロペ」「アニメもやしもん」「ドラマもやしもん」「トミカヒーロー レスキューファイアー」などのプロデューサーを勤める。

本イベントは開催中止となりました。

セミナー終了後、登壇者の白組田中さんと懇親会を行います(別途参加費(3.5千円程度)が必要です)。懇親会へのご参加希望の方は、お申し込みの際に参加希望をチェックしてお申し込みください。なお、今回懇親会のお申し込みは、11/12まで、定員20名先着順とさせて頂いております。懇親会へのご参加希望の方は、お早めにお申し込みください。