世界一! Creators Night vol.9 開催いたしました!

5月18日土曜日にCreators Night vol.9 「笹原和也の世界一になる アニメーション企画演出術」を開催いたしました。今回初めて那覇以外の場所、北谷町のCreators Residenceにて開催いたしました。多くの皆様にご来場いただく事が出来ました。

Creators Night vol.9 会場の様子

写真のようなゆったりとしたソファーに座って見つめる先には、会場に設置された250インチの大型スクリーンが!そしてそのスクリーンには、笹原さんのプレゼンテーション!その瞬間を背中からパチリです。

講演の内容は、「笹原”世界一”和也のキャラクターデザインメソッド」「笹原和也のオリジナル作品への道」についてお話いただきました。

笹原”世界一”和也のキャラクターデザインメソッド」「笹原和也のオリジナル作品への道」の2本のテーマについては、笹原さんのご厚意により資料が公開されているので、ぜひご覧いただければと思います。

いやーキャラクターデザインメソッド、ほんと笹原流思考術と命名しても良いほど方法論として確立されているんじゃないかなと思いますよ。学生さんも現在制作されている人もみんな使える方法だと思います。オリジナル作品についても企画する人にとっては、ホント参考になると思います。
ぜひ皆さん見ていただければと思います。
個人的には、「キャラクターの一口キャッチフレーズを付ける」と言うところに注目してて、たしかに最初にお話しされたキャラクター設定集に、必ずキャッチがついてたんですよね。簡単に言葉で説明できるからこそキャラクターとして特徴が出てくるんだと思います。

会場には、学生さんも多く参加されていたようで、皆さん熱心にノートを取っていました。たしかに、これ絶対ノートにメモした方がいいですよ。

今回はこれまでと異なり、居酒屋に移動することなく講演の後は会場に残り笹原さんを囲みみんなでお話をしました。
最初はみなさん緊張していたのか、イマイチ話が弾まなかったのですが、いただいていた質問にお答えいただいて、皆さんと笹原さんとの名刺交換が終わった頃からだんだんと打ち解けてきて、ポートフォリオを見てもらったり、就職の相談や、CGの勉強について等々
多くの交流がアリ、非常に充実した会になったと思います。とりあえず、次回も同じようなスタイルでやってみようかな〜。でも次回はビールの好きな人だからな〜どうしようかもうちょっと悩みます。

セミナーが終わってにっこり

そして、セミナーの後は、笹原さんとホテルの近くのお店へ
初めて、二人だけで飲みに行きましたw
楽しかったな〜。実は同い年な二人。過去に見たテレビやアニメ流行ってた物はほとんど同でいろいろお話ししました。そしてたまたまお店でついてたヴァルヴレイヴを一緒に見ました。アニメ好きな中年二人ですw

笹原さんまた、沖縄に来てください〜

「世界一!」セミナーの前に予習しよう第三弾「笹原和也のザ・ワールド・イズ・マイン」教育編

前回は、セミナーに関連しそうな事と言うことで、笹原さんのブログ「笹原和也のザ・ワールド・イズ・マイン」の「企画」について取り上げました。

今回は、セミナーのテーマとは異なりますが、きっと興味のある人の多い「教育」についてです。教育と言っても内容的には、現在教育を受けている人に対しての就職活動指南といった内容です。CGを仕事にしたい人であれば、きっと興味のある話題だと思いますので、今回取り上げてみました。

これからCG業界に入りたいと思っている みなさんへ向けて
まずは、職業としてCGを目指す人たちへのエールです。やる気と、1.5年努力を続ければ、十分CGで食べていけると伝えています。もちろん、やる気出し方についても触れています。やる気のない人は、具体的な想像が出来ていないからだとしています。CGの仕事について情報を集め、自分の好きな作品がどういった人たちが作ってて、どのようにして作られているのか、そしてそこに加わる自分を想像してそれに対して努力をする。そしてCG業界に就職するのは全然難しくないと締めくくっています。

地方に住むアニメ・CG・ゲーム業界を目指す若者さんのうち、「東京で就職したい!」という方にアドバイス
まずは「東京に来い」って事ですw
文中でも触れていますが、もちろんこれは金銭的に負担のかかる方法なので、絶対というわけではないみたいですが、スタジオによっては「東京、神奈川、千葉」あたりじゃないと採用しても「ホントに来るかな」と思う人事担当もいるようで現住所と、勤務地の距離を気にするみたいです。まぁそりゃそうですよね。採用しても「親に反対されて」とかなっちゃうとアテにしていた戦力がいなくなってしまうわけですからスタジオとしては死活問題です。かといって、引っ越しのサポートとなるような準備金とかも出ないわけですからスタジオとしては拘束力も無いわけですしね。その辺地方からの就職希望者は対策考えた方がいいかもしれませんね。まぁボクは人事担当じゃないので有効かどうか分かりませんが、親から「スタジオに入社できた場合は、家族のお金で絶対、東京に引っ越しさせる」と一筆書いた手紙とかね。まぁ効くかどうかよく分かりません。会場で笹原さんに直接訪ねてみてください。

アニメーション塾をやってみる世界一!
世界一がエフェクト塾もやることにした!
笹原さんがネットワーク越しにアニメーションと、エフェクトを指導してくれるという企画なのですが、ここで注目したいのは、課題の内容は、思うにこれらの技術は笹原さんが採用する際にこれぐらいのスキルはぜひ欲しいよね。と言うことだと思います。セミナー参加者の方からの質問にも、ありましたが、CGのプロを目指したい人は、一つの目安にしてみてはどうでしょうか。

就職活動するのに知っておくとよい情報
これが一番注目してもらいたいところです。
まずはポートフォリオ超大事。そして狙っているスタジオによって、求められるスキルが違うと言うこと。分業していないブティック系のスタジオであればオールラウンダー、大規模なスタジオであれば一芸秀でているタイプそれぞれ求められているスキルの範囲があるようです。ココを見誤ってポートフォリオ作ると残念な結果になるかもと言うことだと思います。

CG業界の人が集まるパーティなどの場所では、ポートフォリオを見せている転職希望の人や学生さんを見かけるのですが、当然パーティと言うことで公の場では無いので、そこで即採用にはならないのですが、大抵は見た感想と、「ウチのスタジオはこんな職種の人を欲しいからそういうポートフォリオ用意できたら送ってみて・求人ホームページに出たら送ってみて」見たいな返事をもらえる場合が多いです。Creators NightでもCG系の方達の集まる貴重な機会です。せっかくなのでご自分の作品を見てもらってはどうでしょうか。当然印刷されている方がイイですが、iPadやiPhoneに入った画像でもいいと思いますよ。来ている人に、どんどん人に見てもらいましょう。

と言うわけで、いよいよ今週土曜日はCreators Night vol.9「笹原和也の世界一になる アニメーション企画演出術」開催です。
お申し込みまだの方はぜひお申し込みください〜

cn09イメージ

「世界一!」セミナーの前に予習しよう第二弾「笹原和也のザ・ワールド・イズ・マイン」

さてさて、今週も「世界一」セミナーに備えて予習しましょう。
今回は、笹原さんが公開しているブログ「笹原和也のザ・ワールド・イズ・マイン」です。

笹原和也のザ・ワールド・イズ・マイン」には、笹原さんが作品を作る上で感じていることなどいろいろまとめられていて、セミナーの予習にはもってこいです。内容は「演出について」「カメラワーク」「オリジナル作品」などなどCGスタジオのノウハウが多岐にわたって書かれています。
今回はイベントタイトルにもある企画について書かれている記事を読んでみてみましょう。

CG屋さんのための企画教室 その1 「やりたいことをやる」
ここで笹原さんは、「オリジナル作品の企画」について触れています。これはたぶん皆さんが思っているような企画じゃないかもしれません。クライアントがいて企画を持って行くような物では無いと書いています。
その中で大事なことが、「やりたいことをやるように企画する」です。
ただ、「やりたいことがない」場合もあるけれども、「そうじゃない絶対ある」と書かれています。ココ結構重要で、「どんなくだらない物でもアーティストの表現に対する欲望に忠実であれ」と言うことに触れているんだと思います。

CG屋さんのための企画教室 その2 「雪だるま式企画立案法」
ここでは、笹原さん流の企画ブラッシュアップ法が書かれています。社内で惜しげも無く自分の考えを話して賛同者を募ります。最初は仲のいい仲間に話し、だんだん相手のレイヤーをあげていくことで企画は磨かれ、最後には、最上な企画に仕上げていきます。

CG屋さんのための企画教室 その3 「自分のやりたいことを、他人におもしろいと思わせる。」
これは、その2の「雪だるま式企画立案法」の各ステップでいろんな人を巻き込むためのテクニックについて書かれています。自分の「やりたいこと」をシンプルになるようそぎ落としていきます。次に30秒で説明できる範囲で補足の部分を追加していきます。シンプルにした「やりたいこと」を保ちながら様々なキーワードを追加していくことを試していきどんどんオモシロいと思ってもらうまで繰り返します。

CG屋さんのための企画教室 その4 「企画を通すために必要なこと」
いよいよ最後の砦、企画を実現するために必要な要素がまとめられていて、最後物を言うのは、人との信頼関係が一番という風にまとめています。

笹原流企画術で注目するのは、その1の「やりたいことをやる」ココにつきるのでは無いかと思います。「やりたいこと」に、高尚な目的なんて必要なく、かっこ悪くても、反社会的でインモラルで下品で趣味が悪くても、セケンの評価はまずは気にせずそこと向き合うことが重要だと言うことです。

そして、その「やりたいこと」と向き合い、純化していき、そのあと表現として受け入れられるよう「やりたいこと」を人にぶつけていき形作っていく過程が企画作りにおいて重要だと言うことになると思います。

自分のアイディアを素直に人にぶつける作業は、正直楽しい作業では無いと思います。良いと思っていたアイディアも、他人からは理解されずむしろ批判されるかもしれません。その結果、傷ついて、がっかりさせられるかもしれません。それでも、何度も繰り返せるのは本当に「やりたいこと」だけなのだと言うことです。「やりたいこと」だから、受け入れられるまでプレゼンし続けられるのです。

もちろん、最初から人々に受け入れられるような企画にしてすんなり企画を通す方法もあると思います。マーケットを調査し、ニーズを割り出し、出資者の利益となるように。。。でも、それがクリエイターと呼ばれる人々のやるべきこと全てだとはとても思えません。新しい価値観、新しい表現は、新しいマーケットを作り出し、新しいニーズを呼び世界で通用する物となると思います。今までの名作と呼ばれる作品の多くがそうでした。まぁ、続編やスピンオフの作品はマーケティングの結果といえるかも知れませんが。。。。とにかく過去の名作にも通じる要素を「世界一」のオリジナル作品の中で笹原さんは含めているんだと思いました。

以上のようなことが、「笹原和也のザ・ワールド・イズ・マイン」ではいろいろまとめられています。これを読むと笹原さんがどのように社内で振る舞っているか読み取れてきます。今回は、ボクが感じた事を書かせて頂きましたが、読む方によってその感想は様々だと思います。各自読んでみて交流会で感想など笹原さんと話してみてはいかがでしょう。

cn09イメージ

Creators Night vol.9 「笹原和也の世界一になる アニメーション企画演出術」開催!

皆さんお待たせしました。第9回目となるCreators Night 「笹原和也の世界一になる アニメーション企画演出術」を、5月18日土曜日17時半より北谷町のコワーキングスペース「Creators Residence」にて開催いたします。

注目のゲストスピーカーは、株式会社ILCA のディレクター 笹原和也氏です。

笹原和也氏は、1995 年ソニー・ミュージックエンタテインメント主催のデジタル・エンタテインメント・プログラムでベストアワード受賞以降、自身のCGスタジオ 笹原組(現 株式会社アニマ)を立ち上げ、ゲーム、アニメ、映画などエンターテインメントの分野で演出・監督として活躍していました。

また、アニマ塾を開催しCG クリエイターを志す若者にアニメーションやCG の基本を指導するなど後進の育成にも努め多くのCG クリエイターを輩出してきました。2010 年笹原氏自身が監督したCAT SHIT ONE -the animated series -がVES(全米視覚効果協会)アワードにノミネートされました。その後、作品製作に専念するため経営者として関わるアニマを離れ、株式会社ILCA にディレクターとして移籍されました。移籍以降、世界一のアニメーション作品を作るべく日々奮闘を繰り返す毎日です。

今回のCreators Night では、世界一の作品を目指す笹原氏の世界一になるためのアニメーション企画演出術についておはなしいただきます。自身で作品を企画制作する、監督を目指す方にとっては、必見の内容です。

また、今回のCreators Nightは、これまでのセミナー後、居酒屋で開催していた懇親会を、セミナー会場で行うこととし、未成年者の方が参加しても問題無いようアルコールなどの提供を行わないことにしました。会場内にある「もちコーヒィ」の美味しいコーヒーを片手に、皆様とお話しできればと思います。

ILCA 笹原和也氏近影
セミナータイトル:Creators Night vol.9
「笹原和也の世界一になるアニメーション企画演出術」
催日:2013 年5 月18 日(土)
時間:17:45(17:30 受付開始 20:30 終了)
会場:北谷町 コワーキングスペース「Creators Residence」
セミナー受講料:1,500円( ワンドリンク・軽食付き)
受講料は、会場にていただきます。お支払い時にセミナー会場内にある「もちコーヒィ」のドリンクチケットをお渡しいたしますので、交流会の際にドリンクと交換していただけます。

 

お申し込みはこちら