ワークショップセミナー用にLED照明を手作り

先週稲垣カメラマンからこれらの写真が送られてきました。


自作のLED照明のテスト モデルは稲垣カメラマン自身 1


自作のLED照明のテスト モデルは稲垣カメラマン自身 2

LED照明を自作したというので、そのテストの写真ということでした。

今回のワークショップ、参加者自身の手持ちのデジカメまたはスマートフォンにて撮影を行いますが、コンパクトデジカメやスマホには、一眼レフのようなシンクロ接点がありません。とうぜんカメラマンが使うようなスタジオのフラッシュを使用できません。でも、コンパクトデジカメやスマホでフラッシュのない場合でもキレイに撮影できる方法をと言うことで、知り合いのカメラマンが使用していたLED照明を参考に自作したらしいです。

テスト画像は、自宅にて手持ちのiPhone 5で撮影したようですが、きれいに照明が当たっていると思います。これが市販のライト型のLED照明だと影がきつくなりすぎて、女性をキレイに撮影できないとのことでした。今回LEDのライトバーいする事で、柔らかい光が全体を覆うような明かりで狙い通りの明かりを作ることが出来たと言っていました。

このように、手持ちの機材でも工夫次第でキレイに撮影できる方法がたくさんあるようです。
ぜひ、今回のワークショップで多くのことを学んでください。